メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
'''ジャガイモ'''('''馬鈴薯'''〈ばれいしょ〉、{{Lang-en-short|potato}}、学名:''Solanum tuberosum'' L.)は、[[ナス科]][[ナス属]]の[[多年生植物|多年草]]の[[植物]]。[[南アメリカ]]の[[アンデス山脈]]原産。[[デンプン]]が多く蓄えられている[[地下茎]]が[[芋]]の一種として食用とされる。
 
== 名称 ==
日本語の呼び名は様々ある<ref name="hogen">{{Cite book|author=[[徳川宗賢]]|title=日本の方言地図|year=1979|pages={{要ページ番号|date=2019年3月}}|series=[[中公新書]]|volume=533|location=[[東京特別区|東京]]|publisher=[[中央公論新社]]|isbn=4-12-100533-3}}</ref>。「ジャガイモ」という名称<ref>あるいは「ジャガイモ」を転じた「ジャイモ」「ジャガライモ」「ジャガタイモ」「ジャガタロ」「ジャガタ」「ジャカタ」「ジャガトライモ」(『日本の方言地図』より)</ref>については、17世紀初めに[[ジャワ]]のジャガトラ([[ジャカルタ]])からもたらされたことから「ジャガタライモ」と呼ばれたものが変化して「ジャガイモ」になった<ref>[http://www.maff.go.jp/j/agri_school/a_tanken/zyaga/01.html 農林水産省『ジャガイモ 「どこからきたの?」』]</ref><ref name="hoj">{{Harvnb|伊藤章治|2008}}</ref>。ただし異説もあり、ジャワ島の芋の意味のジャワイモが変化したもの<ref name="n1948">『爪哇芋渡来三百五十年記念事業趣意書』(長崎県、1948年)</ref>、[[天保の大飢饉]]でジャガイモのおかげで餓死を免れたことから呼称された「御助芋」が転じたもの<ref name="n1948"/>などともされる。
 
「馬鈴薯」(ばれいしょ)という呼び名<ref>あるいは「馬鈴薯」を転じた「バレンショ」「バレーチョ」「バレージョ」(『日本の方言地図』より)</ref>もよく用いられる<ref name="jag1972.27.228"/>。これは[[中華人民共和国|中国]]での呼び名の一つと漢字が同じで、[[中国語]]で読むとマーリンシュー([[ピン音]] {{Lang|zh|mǎlíngshǔ}})となる。18世紀に日本人の[[小野蘭山]]『耋筵小牘』(1807年)が命名したといわれているが、中国名をそのまま輸入したものなのか、新しく付けた名前がたまたま中国名と同じだったのか、それとも蘭山の命名が中国に伝わったのかは明らかではない。一説には、ジャガイモの形が馬につける鈴に似ているということから、この名前になったという<ref name="hoj"/>。また、「[[マレー半島|マレー]]の芋」という意味からこの名前が付けられたという説もある。なお、中国では他に「土豆」(トゥードウ)、「洋芋」(ヤンユー)、「薯仔」(シューザイ)などの呼び方もある。なお、日本の行政では馬鈴薯と呼んでいる<ref name="jag1972.27.228"/>。
 
[[英語]]の''potato''の語源は、[[タイノ族]]の言葉で[[サツマイモ]]を意味する''batata''が[[スペイン語]]の''patata''に変化したものによる<ref>大修館書店『スタンダード英語語源辞典』</ref>。なお、ジャガイモの原産地で古くから使われている言語の一つである[[ケチュア語]]では''papa''というが、この単語はそのまま中南米スペイン語で使われている。スペイン語で''batata''が''patata''に変化したのはこの''papa''の影響であると考えられている<ref>小学館『西和中辞典』初版4刷 p1413,p1437</ref>。''Papa''は[[ローマ教皇]]を意味する単語と同じであったため、これを忌避して''Patata''に変遷したともいわれる<ref>{{Harvnb|伊藤章治|2008|p=44}}</ref>。
 
=== 日本における地方名 ===
江戸時代以降、米の収穫に不利な山間・寒冷地での栽培が広まったことから、地方名や地方品種も多い。
*{{要出典範囲|date= 2018-12-16|「きんかいも」- きんかとは金柑転じて禿げのこと。}}
* 「にどいも(二度芋)」「さんどいも(三度芋)」- 1年に2回ないし3回収穫できることから<ref>『南信州・上村 遠山谷の民俗』(長野県下伊那郡上村民俗誌刊行会編)</ref>。
* {{要出典範囲|date= 2018-12-16|「南京イモ」}}
* {{要出典範囲|date= 2018-12-16|「五升芋」「五斗芋」「ごしょいも」- 収穫量の多さから}}
* {{要出典範囲|date= 2018-12-16|「さんとく(三得)」「じょうしゅういも([[上野国|上州]]芋)」}}
* 「カブタイモ」「ジャガタライモ」「サントク」<ref>佐久市志編纂委員会編纂『佐久市志 民俗編 下』佐久市志刊行会、1990年、1388ページ。</ref>
* 「お助けイモ」- 飢饉の際にジャガイモ活用を勧めたことが役立ったため。<ref name="gifu">『岐阜県史』{{Full citation needed|date=2019年3月}}</ref>。
* 「善太夫芋」- 1748年に[[信濃国|信州]]より<ref>{{Cite web |url=http://midori-tsushin.jp/utukushiimura_2.html |title=美しい村をたずねて 「農具揃」飛騨蓑輪村 |accessdate=2019-02-15}}</ref>種芋を移入した[[飛騨国|飛騨]]の代官、幸田善太夫に因む<ref>{{Cite web |url=http://www.city.takayama.lg.jp/kurashi/1000021/1000119/1000847/1000954/1000979.html |title=幸田善太夫墓 |accessdate=2019-02-15}}</ref>。
* 「清太夫芋」(せいだゆういも、せいだいも)- 18世紀にジャガイモの普及に尽力した[[甲斐国|甲州]]の代官、[[中井清太夫]]に因む<ref>[http://www.rieb.kobe-u.ac.jp/academic/newsletter/column/pdf/column119.pdf 中井清太夫という男 [[神戸大学]] 経営研究所 高槻泰郎 2012年10月号]</ref>。福島県や埼玉県、愛知県ではジャガイモを「甲州いも」と呼ぶこともある<ref>[https://www.nikkei.com/article/DGKKZO23936540X21C17A1NZ1P00/ 【食ナビ】山梨名物せいだのたまじ/小粒ジャガイモ甘辛く]『日本経済新聞』夕刊2017年11月28日</ref>。
* 「治助イモ」 - 東京都[[奥多摩町]]の特産<ref>[http://www.town.okutama.tokyo.jp/sangyo/nogyo/tokusanbutsu/jisukeimo.html 治助イモ]奥多摩町ホームページ(2018年4月23日閲覧)</ref>。
* 「アップラ」「アンプラ」「カンプラ」- [[オランダ語]]の''aardappel''(大地のりんご)に由来する呼称も存在する<ref name="hogen" />。
* 「イモ」「エモ」- [[アイヌ語]]。日本語の「いも」が由来。「五升芋」が訛った「コソイミ」という呼称もある。<ref>林喜茂『アイヌの農耕文化』 1969年 慶友社 p84-85</ref>
 
== 歴史 ==
匿名利用者