「結婚活動」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
* 自分を磨いてみる - 男性のコミュニケーション能力や経済力など。女性は磨きすぎると、逆に結婚可能性が遠のくという指摘がある<ref name="konkatsujidai"/>。
 
なお、婚活のブーム化や、少子化対策などを背景として、結婚活動の支援に取り組む[[地方自治体]]や企業も出てきている<ref>{{cite web|url=http://sankei.jp.msn.com/life/trend/081213/trd0812130904001-n1.htm|title=自治体の「婚活」支援拡大 パーティーや講座、仲人…|date=2008年12月13日 |accessdate=2009年4月20日 |author=MSN産経ニュース}}</ref><ref>{{cite web|url=http://sankei.jp.msn.com/economy/business/081221/biz0812212021005-n1.htm|title=独身男女の“婚活”支援 リロ・ホールディングス|date=2008年12月21日 |accessdate=2009年4月20日 |author=MSN産経ニュース}}</ref><ref>{{cite web|url=http://www.i-kosodate.net/mirai/research/pdf/h16/1-1-1-a.pdf |title=地方公共団体等における結婚支援に関する調査研究 |accessdate=2009年4月20日 |author=財団法人こども未来財団}}</ref>。また、こうした社会情勢を奇貨とみた企業によって、結婚活動関係のビジネスが活況を呈している<ref>{{cite web|url=http://www.zakzak.co.jp/top/200812/t2008121528_all.html|title=ヤフー、「婚活」を支援…イオングループと連携|date=2008年12月15日 |accessdate=2009年4月20日 |author=ZAKZAK}}</ref>。しかし、商行為が悪質とされた企業が告発されるなどの問題も発生している<ref>{{cite web|url=http://www.j-cast.com/2009/01/26034050.html|title=「婚活ブーム」の一方で 結婚紹介業への苦情増加|date=2009年1月26日 |accessdate=2009年4月20日 |author=J-CASTニュース}}</ref>。また、様々な婚活に参加したもののうまくいかず「婚活疲れ」に陥った女性らも存在する<ref>[http://dokujo.jp/archives/51789669.html そ〜いや“婚活”ってどうなった?]独女通信</ref>。婚活市場において、女性の「年齢」は男性の「年収」と同じくらい重要視される項目となっている。婚活が長引く女性の特徴として、20代のうちは男性に困っていなかった女性もが、30歳になるとって急激に男性からのアプローチ減少に困ったパターンと、そもそも恋愛経験自体がよく起き少ない場合となっている。女性恋愛・婚活コンサルタントも結婚相談所で結婚出来るのは上位10%ほどだと示し、全ての年代の男性から20代女性に面会希望が殺到すると述べている。そのため、20代女性には結婚相談所の割り引きがあるように、逆に年齢が上がるほど男性からのお見合い・面会申込数は減ると述べている。日本の女性平均初婚年齢である29.4歳でありつまり'''30歳までに結婚する・出産したい場合にはデート・結婚などから逆算26歳くらいから開始しないといけ間に合わない'''と指摘している<ref>{{Cite web|title=周囲から「男性を紹介してもらえない」本当の理由|url=https://woman.mynavi.jp/article/190315-16/|website=「マイナビウーマン」|accessdate=2019-04-02|language=ja}}</ref><ref>{{Cite web|title=【20代で知りたかった30代の正解】いざとなったら結婚相談所に入ればなんとかなる……そう思い込む「変わらない女」は結婚できない|url=https://news.nicovideo.jp/watch/nw5003069|website=ニコニコニュース|accessdate=2019-04-02|language=ja}}</ref><ref>{{Cite web|title=【20代で知りたかった30代の正解】27歳の正社員女性が婚活市場で最強な5つの理由 - Peachy|url=http://news.livedoor.com/article/detail/15899812/|website=ライブドアニュース|accessdate=2019-04-02|language=ja}}</ref><ref>{{Cite web|title=“ 平成駆け込み婚”を狙った婚活女子たちの疲弊 新元号発表のおめでたムードの陰で(Hint-Pot)|url=https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00010000-hintpot-life|website=Yahoo!ニュース|accessdate=2019-04-02|language=ja}}</ref><ref>{{Cite web|title=【20代で知りたかった30代の正解】婚活して出会う男たちは話しても楽しくない。選り好みする余裕はないけれど、どうしたらいい?|url=https://news.nicovideo.jp/watch/nw5039639|website=ニコニコニュース|accessdate=2019-04-02|language=ja}}</ref><ref>{{Cite web|title=【20代で知りたかった30代の正解】婚活で学歴にこだわる、残念な大卒独身女性達|url=https://news.nicovideo.jp/watch/nw4964212|website=ニコニコニュース|accessdate=2019-04-02|language=ja}}</ref><ref>{{Cite web|title=ぶっちゃけ厳しい。「結婚できないアラサー女子」の理由|url=https://news.nicovideo.jp/watch/nw4942625|website=ニコニコニュース|accessdate=2019-04-02|language=ja}}</ref><ref>{{Cite web|title=結婚できない女性の特徴2タイプ (2019年3月19日)|url=https://www.excite.co.jp/news/article/Allabout_32622/|website=エキサイトニュース|accessdate=2019-04-02|language=ja}}</ref><ref>{{Cite web|title=「専業主婦になりたい」のに婚活で失敗ばかり : ライフ|url=https://www.yomiuri.co.jp/life/hobby/love/20181206-OYT8T50005/|website=読売新聞オンライン|date=2018-12-10|accessdate=2019-04-03|language=ja}}</ref><ref name=":0">{{Cite web|title=婚活連敗男は「毎日のメール」を甘く見ている {{!}} 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-|url=https://toyokeizai.net/articles/-/192962|website=東洋経済オンライン|date=2017-10-19|accessdate=2019-04-03|language=ja}}</ref>。男性の場合、結婚相談所のボリューム層が30代後半から40代である。女性恋愛・婚活コンサルタントは結婚相談所へ相談に来た男性でカップル成立しないタイプは「女性慣れをしていない」「20代希望」が多いのがと述べている。医者など経済力のある場合や女性慣れしている恋愛経験豊富な場合でも40代になると、同年代を求める傾向にある20代女性との婚活は結婚相談所からも厳しいと指摘されている<ref>{{Cite web|title=婚活が長引く男性の共通点。急に焦り出した40男はなぜ迷走するのか?|url=https://nikkan-spa.jp/1512838|website=日刊SPA!|date=2018-09-27|accessdate=2019-04-02|language=ja|last=山本早織}}</ref><ref>{{Cite web|title=アラフィフ男性の婚活に高いハードル 30代女性の厳しい本音|url=https://www.moneypost.jp/298653|website=マネーポストWEB|date=2018-07-15|accessdate=2019-04-02|language=ja}}</ref><ref>{{Cite web|title=アラフォー婚活女も驚く、結婚相談所で最も困る人々(Suits-woman.jp)|url=https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181118-00010003-suitsw-life|website=Yahoo!ニュース|accessdate=2019-04-02|language=ja}}</ref><ref>{{Cite web|title=30~40代男の「若い子との結婚」が無謀なワケ {{!}} 恋愛・結婚|url=https://toyokeizai.net/articles/-/149299|website=東洋経済オンライン|date=2016-12-14|accessdate=2019-04-02|language=ja}}</ref><ref name=":0" />。朝日新聞は結婚相談所や婚活アプリ利用者に20代が増加していることを報道している。ゼクシィの運営する結婚相談所の会員の20代率はサービス開始時の2015年には2割20%だったが、2018年には4分の1に25%とり、るなど20代の会員が年々増加している<ref>{{Cite web|title=結婚相談所、増える20代利用 婚活アプリも後押し:朝日新聞デジタル|url=https://www.asahi.com/articles/ASM283Q4DM28ULFA00D.html|website=朝日新聞デジタル|accessdate=2019-04-02|language=ja}}</ref>。産経ビジネスは20代前半女性の結婚相談所利用者の増加率からの背景を30代や40代など上の世代の婚活を知っているため、有利な20代前半で婚活を始める婚活戦略女子が急増していると報道している<ref>{{Cite web|title=20代前半の“婚活戦略女子”急増!結婚相談所マリーミーが最新の動向を発表|url=https://www.sankeibiz.jp/business/news/181022/prl1810221228062-n1.htm|website=SankeiBiz|date=2018-10-22|accessdate=2019-04-02|language=ja|first=SANKEI DIGITAL|last=INC}}</ref>。
 
[[野村総合研究所]]の調査によると、50歳未満の未婚男性では、年収400万円未満の割合が83.9%である。しかし、一般的な女性の理想相手とする男性の年収は500-700万円であり、男性の僅か4.9%しかいない。それらの男性ですら、結婚後は[[共働き]]を希望している。一方で女性は、金融危機や不況などを原因とした、就職活動への絶望もあり「[[専業主婦]]願望」は高まっているのである。養って欲しい女性と専業主婦を養い、かつ養う気のある男性とのバランスは崩れ、その結果ジャーナリストである岡林くみこは「'''婚活の限界は既に見えている'''」と述べていている<ref>{{Cite web|author=白河桃子|date=2010-10-07|url=http://president.jp.reuters.com/article/2010/10/07/D978F684-CC5C-11DF-AB6F-9AFA3E99CD51.php |title=【1】年収1000万円以上男の「結婚の条件」|publisher=プレジデント|accessdate=2011-02-13}}</ref>。婚活女性に対して、最初からファッションセンスや女性慣れしてなくても収入ある旦那向きの男性を磨けば光る原石として経験上オススメするアドバイスもある<ref>{{Cite web|url=https://woman.excite.co.jp/article/love/rid_Grapps_176647/|website=woman.excite.co.jp|accessdate=2019-04-02|title=婚活中のアラサー女性が狙うべき男性の特徴|publisher=}}</ref>。
 
== 婚活事業 ==
4

回編集