「熱可塑性樹脂」の版間の差分

m
 
== 概要 ==
熱可塑性樹脂は[[ガラス転移温度]]または[[融点]]に達すると[[軟化]]する。熱可塑性樹脂は[[機械加工]]に適さない場合が多々あるので[[射出成形]]や[[真空成形]]等が一般的に適用される。[[熱硬化性樹脂]]よりも[[靭性]]優れ、成形温度は高いが短時間で成形できるので[[生産性]]優れ、加熱すれば何度でも成形できるので[[リサイクル]]も比較的容易である。その他にも[[ホットメルト接着剤]]や[[熱溶解積層法]]の[[3Dプリンタ]]などに使用される<ref>{{citation|url=https://www.protolabs.co.jp/resources/design-tips/thermoplastic-versus-thermoset-materials/ |title=卵とチーズでわかる熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂 }}</ref><ref>{{citation|url=http://www.polyplastics.com/jp/pavilion/beginners/02-01.html |title=プラスチックにはどんなものがある? }}</ref>。加熱すれば何度でも成形できるのでリサイクルが比較的容易。通常、熱可塑性樹脂と言う単語は、硬度の高い「[[プラスチック]]」とほぼ同意味で使われているが、厳密に言えば、「[[熱可塑性エラストマー]]」という硬度のより低い素材も、この単語の範囲に入れる
 
通常、熱可塑性樹脂と言う単語は、[[硬さ|硬度]]の高い「[[プラスチック]]」とほぼ同義で使われているが、厳密に言えば、「[[熱可塑性エラストマー]]」という硬度のより低い素材も、この単語の範囲に入れる。
 
== 熱可塑性樹脂の例 ==