「上申書殺人事件」の版間の差分

編集の要約なし
死刑判決を受けて上訴中だった元暴力団組員の被告人が、自分が関与した複数事件(殺人2件と死体遺棄1件)の上申書を提出。元暴力団組員が「先生」と慕っていた不動産ブローカーが3件の殺人事件の首謀者として告発された。元暴力団組員に取材を続けていた雑誌『[[新潮45]]』が[[2005年]]に報じたことによって、世間から大きく注目されるようになり、「先生」が関与した1つの殺人事件について[[刑事事件]]化した。
 
元暴力団組員は「先生」との共同殺人のあと、自分に不義理を働いた人物らに制裁を加えるため1人を川に突き落として水死させたのち、もう1人の自宅を襲撃してその場にいた全員を監禁、高濃度の覚醒剤を注射して彼の知人女性を中毒死させ、部屋を放火するという'''宇都宮監禁殺人事件'''という別事件で上記の判決を受けていた。
 
元暴力団組員が上申書で告発したきっかけは、「先生」が首謀した殺人事件の報酬を受け取る約束が、直前に別の刑事事件で逮捕・長期勾留されたことで「先生」に反故にされたこと、世話を頼んだ舎弟が自殺した際に舎弟の財産が「先生」の手により処分されたことであった。上申書の中では「先生」や舎弟(別事件の共犯および自殺した人物)だけでなく、「先生」と関わりのある会社経営者や死亡者の家族らも「先生」同様逮捕を免れた共犯として名前が挙がっていた。
 
== 上申書の事件 ==