メインメニューを開く

差分

→‎開戦に至る経緯: 無出典であり、かつ前後が明らかに噛み合わない、もしくは矛盾する文章を数カ所修正しました。
 
=== 開戦に至る経緯 ===
[[四侯会議]]の崩壊以後、薩摩藩は長州藩と共に武力倒幕を志向するようになり、朝廷への工作を活発化させた。慶応3年10月13日、14日に[[討幕の密勅]]が薩摩と長州に下される。これを受け、江戸の薩摩邸は政治活動を活発化させ、定め書きを書西国と東国で同時挙兵する構想が練られてて攻撃対象を決め。攻撃対象は「幕府を助ける商人と諸藩の浪人。志士の活動の妨げになる商人と幕府役人。唐物を扱う商人。金蔵をもつ富商」の四種に及んだ
 
しかし、慶応3年(1867年)10月14日に江戸幕府第15代将軍・[[徳川慶喜]]は日本の統治権返上を[[明治天皇]]に奏上、翌15日に勅許された([[大政奉還]])。討幕の実行延期の沙汰書が10月21日になされ、討幕の密勅は事実上、取り消された。既に大政奉還がなされて幕府は政権を朝廷に返上したために倒幕の意味はなくなり、薩摩側も工作東国に於ける挙兵の中止命令を江戸の薩摩藩邸に伝えた。慶喜は10月24日には[[征夷大将軍]]職の辞任も朝廷に申し出る。朝廷は上表の勅許にあわせて、国是決定のための諸侯会議召集までとの条件付ながら緊急政務の処理を引き続き慶喜に委任し、将軍職も暫時従来通りとした。つまり実質的に慶喜による政権掌握が続くこととなった。慶喜の狙いは、[[公議政体論]]のもと[[徳川宗家]]が首班となる新体制を作ることにあったと言われる。
 
しかし、予定された正式な諸侯会議の開催が難航するうちに、雄藩5藩([[薩摩藩]]、[[越前藩]]、[[尾張藩]]、[[土佐藩]]、[[安芸藩]])は12月9日にクーデターを起こして朝廷を掌握、公家の[[岩倉具視]]が[[王政復古 (日本)|王政復古の大号令]]を発し、幕府廃止と新体制樹立を宣言した。新体制による朝議では、薩摩藩の主導により慶喜に対し[[内大臣]]職辞職と幕府領地の朝廷への返納を決定し(辞官納地)、[[禁門の変]](蛤御門の変)以来京都を追われていた長州藩の復権を認めた。こうして、禁門の変では[[孝明天皇]]がいる[[御所]]に向かって砲撃をし、孝明天皇から[[朝敵]]の宣告を受けていた[[長州藩]]藩主・[[毛利敬親]]は、[[明治天皇]]により朝敵の認定を解除された。
慶喜は辞官納地を拒否したものの、配下の暴発を抑えるため、京都・[[二条城]]から[[大坂城]]に移った。経済的・軍事的に重要な拠点である大坂を押さえたことは、その後の政局において幕府側に優位に働いた。12月16日、慶喜は各国公使に対し王政復古を非難、条約の履行や各国との交際は自分の任であると宣言した。新政府内においても[[山内容堂]](土佐藩)・[[松平春嶽|松平慶永]](越前藩)ら公議政体派が盛り返し、徳川側への一方的な領地返上は撤回され(新政府の財源のため、諸侯一般に経費を課す名目に改められた)、年末には慶喜が再上洛のうえ[[議定]]へ就任することが確定するなど、辞官納地は事実上骨抜きにされつつあった。
 
一方、討幕の実行延期の沙汰書が10月21日になされ、討幕の密勅は事実上取り消され、それが江戸薩摩藩邸に伝えられたが、[[相楽総三]]率いる江戸薩摩藩邸の攘夷派浪士達はこの命令を無視して工作を続けていた。西郷隆盛が率いる薩摩藩は、旧幕府側を挑発する目的関東各地の挙兵や江戸で火付け(放火)・強盗の撹乱工作行っ開始した。12月23日には[[江戸城]]西ノ丸が焼失。これも薩摩藩と通じた[[奥女中]]の犯行と噂された。同日夜、江戸市中の警備にあたっていた[[庄内藩]]の巡邏兵屯所への発砲事件が発生、これも同藩が関与したものとされ、老中・[[稲葉正邦]]は庄内藩に命じ、江戸薩摩藩邸を襲撃させる([[江戸薩摩藩邸の焼討事件]])。この事件の一報は、江戸において幕府側と薩摩藩が交戦状態に入ったという解釈とともに、大坂城の幕府首脳のもとにもたらされた。
 
一連の事件は[[大阪|大坂]]の旧幕府勢力を激高させ、勢いづく[[会津藩]]らの諸藩兵を慶喜は制止することができなかった。慶喜は朝廷に薩摩藩の罪状を訴える上表(討薩の上表)を提出、奸臣たる薩摩藩の掃討を掲げて、配下の[[幕府歩兵隊]]・会津藩・[[桑名藩]]を主力とした軍勢(総督・[[大多喜藩]]主[[大河内正質|松平正質]])を京都へ向け行軍させた。
243

回編集