「ニコメディアのアドリアノとナタリア」の版間の差分

m
== 聖人伝 ==
[[File:St Adrian, by Hans Holbein the Younger.jpg|thumb|聖アドリアノ、[[ハンス・ホルバイン]]画]]
親衛隊の将官だったアドリアノは[[イズミット|ニコメディア]]において、ガレリウスと共に22人{{Refnest|group="注"|正教会においては23人とも<ref name=othdoc>[[#othd|Orthodox]]、St. Natalia, Martyr, of Nicomedia</ref><ref name="jiho"/>。『[[#ougon3|黄金伝説]]』においては33人とも<ref name=o415/>。}}のキリスト教徒を捕らえて拷問にかけ信仰を試した。アドリアノは彼らの信仰に感銘を受け、自らもキリスト教徒となることを宣言したために投獄され、拷問にかけられることとなった。
アドリアノの妻ナタリアは、アドリアノと共に投獄されているキリスト教徒たちをひそかに応援した<ref name=enc/>。迫害のために信仰を隠していたがナタリアはキリスト教徒であった<ref name=ou>[[#ougon3|黄金伝説]]、p 415-423、「聖ハドリアノスとその仲間」の章</ref>。