メインメニューを開く

差分

リンク切れ削除とリンクの添付
}}
;1995年10月27日 - 11月5日
第31回[[東京モーターショー]]に出展されたコンセプトカー。使い慣れた道具のようにガンガン使えるクルマというコンセプト打ち出しており、特徴は、広く使い勝手を重視したビッグトランク。2mくらいの長尺ものも運べるとされている<ref>[http://www.nissan.co.jp/ms95/catalog/common/reference/95d/95d.html 生活自由型 マルチパーパスセダン XIX(キックス)]</ref>
{{-}}
 
 
;2019年2月28日
サーフィンをテーマにしたコンセプトモデル「キックスサーフ・コンセプト」が登場。企画には数々の優勝経験を持つプロサーファー、[[アレホ・ムニーツ]]と[[サンチャゴ・ムニーツ]]が参加している。ボディーカラーはラテンアメリカを意識したブルーグリーンとイエローの2トーンで、サイドには波をイメージしたグラフィックがある。このブルーグリーンにはいくつかのトーンが含まれ、これは「表情を変える海」をイメージしたとのこと<ref>[http://intensive911.com/?p=171461 いい加減に日本でも発売して!日産が大人気クロスオーバー「キックス」にプロサーファーとコラボした”サーフ・コンセプト”を設定 - Life in the FAST LANE.] 2019年4月8日</ref>
{{-}}
 
1998年に開催された[[パリモーターショー]]に出展されたコンセプトカーのアルファベット表記は'''KYXX'''。
 
3代目の「'''KIX'''」とは、[[興奮]]や熱中を意味する「'''KICKS'''<ref>また英語圏のスラングで「[[靴]]」という意味もある。(地面などを)蹴る(=kick)という意味から派生した言葉で、どちらかというと[[スニーカー]]などのラフな靴を指すことが多い。さらに音楽用語として意味は「主として管楽器の失敗した[[音]]という意味があり、具体的には[[クラリネット]]のリードミスで生じるキッという音」である。</ref>」(4代目はこれが車名となる)と未知数を意味する「X」を組み合わせた造語で、乗る人すべてに軽快な走りとともに、刺激的な走りを提供したいという思いが込められている<ref>[https://www.nissan-global.com/JP/COMPANY/LIBRARY/CARNAME/ 日産|会社情報|企業情報ライブラリー|車名の由来] 2019年4月8日</ref>
 
== その他 ==
*[https://www.nissan.com.br/veiculos/modelos/kicks.html NISSAN KICKS]ブラジル日産 公式サイト
*[https://www.dongfeng-nissan.com.cn/car/kicks 日产劲客]東風日産 公式サイト
*[https://www.nissanusa.com/vehicles/crossovers-suvs/kicks.html Discover the 2019 Nissan Kicks | Nissan USA]北米日産 公式サイト
 
{{car-stub}}
匿名利用者