「コンパクト盤」の版間の差分

編集の要約なし
'''コンパクト盤'''(コンパクトばん)とは、「[[シングル|シングルレコード]]のサイズ(17cm=7インチ)で、1分間の回転数が[[LP盤]]と同じ33回転(33 1/3[[rpm (単位)|rpm]])」の[[レコード]]の通称。「17cm LP」とも呼ばれる。
 
'''EP盤'''({{En|''Extended Play''}})はシングル盤と同じ45回転で収録されており、別種である。アメリカやイギリスではコンパクト盤はEPが主流になるとともに廃れたが、日本ではその後も主流であった。(アメリカでコンパクト盤が発売されたのは1959年頃まで。60年代以降に商業用33回転7インチで回転数して収録時間を長くしたものをコンパクトまたほぼ存在しコンパクトLPと呼ぶ。曲数が多く安価だったことから、学生い)どの若年層に1960にかけ好評だったただし音質は通常のLPでの内周部にあたるため
 
中心部の穴の大きさはLPと同サイズである。ただしイギリスでは折り取ることのできる中心部がつけられていた。
すなわち、直径7インチで回転数を33 1/3に落として収録時間を長くしたものをコンパクト盤またはコンパクトLPと呼ぶ。曲数が多く安価だったことから、学生などの若年層に1960 - 1970年代初頭にかけ好評だった。ただし音質は通常のLPでの内周部にあたるために劣る。
 
中心部の穴の大きさはLPと同サイズである。ただしイギリスでは折り取ることのできる中心部がつけられていた。
 
その後に主流となった[[コンパクトディスク|CD]]や[[デジタル・ダウンロード]]の形態ではミニ・アルバムやマキシシングルに相当し、同時に'''EP'''の名も残っている。
 
日本ではシングルレコードのこと呼とがあ{{En|''Extended Play''}}
 
ちなみに、シングル盤は「45回転レコードイ(7イ
匿名利用者