「近衛府」の版間の差分

編集の要約なし
'''近衛府'''(このえふ)は[[令外官]]のひとつ。765年に[[授刀衛]]を改めて設置された。左近衛府と右近衛府の二つが存在する。[[唐名]]は[[羽林]]。長は'''[[近衛大将]]'''(左近衛大将・右近衛大将<ref>読み方はそれぞれ、さこんえのだいしょう、うこんえのだいしょう。</ref>)である。(左右)[[衛門府]]、(左右)[[兵衛府]]とあわせて「[[六衛府]]」と呼ばれる。別名「おおきちかきまもり」「ちかきまもりのつかさ」と呼ぶ。
 
== 変遷 ==
[[天平神護]]元年([[765年]])[[2月3日 (旧暦)|2月3日]]、[[授刀衛]]という役所が近衛府と改組し、[[大同 (日本)|大同]]2年(807年)4月22日には、さらに[[中衛府]]と近衛府の改組により、近衛府は左近衛府となり、中衛府は右近衛府となる。ちなみに、[[外衛府]]というものもあったが、772年(宝亀3年)に廃止され、近衛府と中衛府に分配された。
 
== 内部官職 ==
匿名利用者