「世説新語」の版間の差分

編集の要約なし
『'''世説新語'''』(せせつ しんご)とは、[[中国]][[南北朝時代 (中国)|南北朝]]の[[宋 (南朝)|宋]]の[[劉義慶]]が編纂した、[[後漢]]末から[[東晋]]までの著名人の逸話を集めた文言小説<ref>文言小説とは、[[宋 (王朝)|宋]]代以後の中国小説史の上で、大きな比重を占めてはいなかったために、形態名が与えられていなかったこの分野に対し、[[前野直彬]]が仮に付けた呼称である。[[平凡社]] [[中国古典文学大系]] 42 『閲微草堂筆記(抄) 子不語(抄) 他』 。解説 p.503 。</ref>集。今日『[[四部叢刊]]』に収めるものは上中下三巻に分かつが、テクストによってその巻数は二、三、八、十、十一等の異同がある。『[[隋書]]』「[[経籍志]]」によれば、もとは単に『'''世説'''』と称したようであるが、『[[宋史]]』「[[芸文志]]」に至ってはじめて『世説新語』の称が現れた。『世説新書』とも呼ばれる。{{wikisourcelang|zh|世說新語|世説新語}}
 
== 概要 ==