「カリビアンシリーズ」の版間の差分

 
=== 1960年大会まで ===
{{節スタブ}}
カリビアンシリーズは翌1950年以降、[[プエルトリコ]]の政庁所在地[[サンフアン (プエルトリコ)|サンフアン]]→[[ベネズエラ]]の首都[[カラカス]]→[[パナマ]]の首都[[パナマ市|パナマシティ]]→[[キューバ]]の首都[[ハバナ]]……と、CBPC加盟国・地域の首都で持ち回り開催された。この持ち回りは1960年まで3周・12年にわたり続いた。一方、[[:es:Serie Interamericana|セリエ・インテラメリカーナ]]はカリビアンシリーズ開始後も2年間継続したが、1950年の第5回大会を最後に終了した。セリエ・インテラメリカーナでは、[[ブルックリン・ブッシュウィックス]]が第1回から4連覇したのち、第5回はセルベセリア・カラカス(のちの[[レオネス・デル・カラカス]])が優勝した。しかしベネズエラ勢は、カリビアンシリーズでは12回の出場で一度も優勝できなかった<ref>Jesús Enrique Leal, "[http://www.elsoldemargarita.com.ve/posts/post/id:183205/Magallanes-de-estreno-en-1970 Magallanes de estreno en 1970]," ''[[:es:El Sol de Margarita|El Sol de Margarita]]'', 1 de febrero de 2019. 2019年3月24日閲覧。</ref>。この12年間で優勝回数が最も多かったのはキューバ勢で7回、次いでプエルトリコ勢が4回、パナマ勢が1回だった。
 
1955年大会終了時点では、全7大会中4大会でプエルトリコ勢が優勝していた。しかし、翌[[1956年のカリビアンシリーズ|1956年大会]]からはキューバ勢が5連覇で優勝回数を7回に伸ばし、プエルトリコ勢を一気に逆転した。国・地域単位では、5連覇は歴代最長記録である<ref name="jirirhythm">Hassan Pérez Casabona, "[http://www.lajiribilla.cu/articulo/a-ritmo-de-son-y-guaguanco-en-las-series-del-caribe A ritmo de son y guaguancó en las Series del Caribe]," ''[[:es:La Jiribilla|La Jiribilla]]'', 2019. 2019年4月7日閲覧。</ref>。球団単位でも、[[ティグレス・デ・マリアナオ]]が史上初の連覇を[[1957年のカリビアンシリーズ|1957年]]・[[1958年のカリビアンシリーズ|1958年]]に成し遂げた<ref>"[https://www.radiotelevisionmarti.com/a/criollos-caguas-ganan-serie-caribe-mexico/162042.html Los Criollos de Caguas ganan la Serie del Caribe en México]," ''[[:es:Radio y Televisión Martí|Radio Televisión Martí]]'', 9 de febrero de 2018. 2019年4月7日閲覧。</ref>。1957年大会のティグレスでは、[[ジム・バニング]]が投手陣のエースを務め、野手では[[ソリー・ドレイク]]や[[ミニー・ミノーソ]]らが活躍した<ref name="granma4960" />。バニングは大会終了後、MLBのシーズンでは3年目で初めてマイナーリーグへ降格することなく1年を投げ抜き、45試合267.1イニングで20勝8敗・[[防御率]]2.69の好成績を残す。当時の所属球団[[デトロイト・タイガース]]はバニングの肩の疲労を考慮し、1957-58シーズンのウィンターリーグ参加を見送らせた<ref>Ralph Berger, "[https://sabr.org/bioproj/person/bcacaa59 Jim Bunning]," ''Society for American Baseball Search''. 2019年4月7日閲覧。</ref>。ティグレスは新シーズンをバニング抜きで迎えたものの "[[リーガ・クバーナ・デ・ベイスボル]]"(LCB)、さらにカリビアンシリーズでも連覇を果たした。カリビアンシリーズにおいては、ミノーソが1957年・1958年と2年連続で大会ベストナインを受賞し、連覇の原動力となった<ref name="granma4960" />。
 
当時のLCBはティグレスのほか、カリビアンシリーズ初代王者[[アラクラーネス・デル・アルメンダーレス]]、そして[[レオネス・デル・ハバナ]]と[[エレファンテス・デ・シエンフエーゴス]]の4球団で構成されていた。[[1949年のカリビアンシリーズ|1949年の第1回大会]]から[[1960年のカリビアンシリーズ|1960年大会]]までの12年間で、この4球団は全て優勝を経験している。リーグ加盟全球団がカリビアンシリーズ優勝経験ありというのは、4か国・地域のなかでキューバだけだった<ref name="jirirhythm" />。試合単位の通算成績でも、エレファンテスの11勝1敗・勝率.917を筆頭に全球団が勝率.600超を記録しており、キューバ勢全体では51勝20敗1分・勝率.718だった<ref name="granma4960" />。LCBのレベルは一般的に、MLBとマイナーリーグAAA級の中間程度にあったといわれている<ref name="cubanparadise" />。ただ、球場を取り巻く雰囲気は、[[アメリカ合衆国]]とキューバで異なっていた。例えば、キューバの球場には賭博師が大っぴらに出入りしていた<ref name="bmadurobio">Rory Costello, "[https://sabr.org/bioproj/person/c34ce106 Bobby Maduro]," ''Society for American Baseball Research'', 2016. 2019年4月14日閲覧。</ref>。また、関係者による[[銃]]の持ち込みも行われていた。アラクラーネス監督の[[ドルフ・ルケ]]が中2日での登板を渋る投手に銃を突きつけて登板を承諾させたり、[[審判員 (野球)|球審]]の判定に文句を言う[[トミー・ラソーダ]]に対して球審が銃をちらつかせて黙らせたり、といった銃に関する逸話がLCBには残されている<ref name="cubanparadise" />。
 
このLCBにおいて、1949-50シーズン前にエレファンテス共同オーナーのひとりとなっていたのが、キューバの実業家[[ボビー・マドゥロ]]である<ref name="bmadurobio" />。彼には、MLB球団をキューバに設立するという野望があった。1954年、マドゥロの球団[[ハバナ・シュガーキングス]]が、マイナーリーグAAA級[[インターナショナルリーグ]]へ参入する。これは、将来のMLB球団設置がハバナに可能かどうかを占う試金石とみられていた<ref name="cubanparadise" />。マドゥロはエレファンテスから手を引いてシュガーキングスの活動に専念し、キューバのみならずラテンアメリカ各地の有望株にオフのLCB出場を認めるという条件を提示して契約を結び、また既にLCBで活躍していた選手の獲得にも地の利を生かして他球団より早く動いた<ref name="bmadurobio" />。こうしてシュガーキングスに入団した選手のひとりが、[[マイク・クェイヤー]]だった。クェイヤーは1956-57シーズンにLCBのアラクラーネスで[[リリーフ]]を務めたのちシュガーキングスと契約、1958年はシュガーキングスで220イニングを消化し13勝12敗・防御率2.77という成績を残したあと、アラクラーネスでは[[1959年のカリビアンシリーズ]]優勝を経験した<ref>Adam Ulrey, "[https://sabr.org/bioproj/person/e9f684bc Mike Cuellar]," ''Society for American Baseball Research''. 2019年4月14日閲覧。</ref>。
 
しかし1960年、シュガーキングスはハバナから移転せざるを得なくなり、マドゥロの野望は潰える。そしてカリビアンシリーズも1961年大会が中止され、10年におよぶ長期の活動停止に追い込まれた。その原因となったのは、キューバで起こった政変だった。
 
=== キューバ革命以後 ===
6,194

回編集