「ザラブ星人」の版間の差分

ウルトラマンR/BBlue-rayより加筆。
(ウルトラマンR/BBlue-rayより加筆。)
{{Pathnav|ウルトラマンの登場怪獣|frame=1}}
'''ザラブ星人'''(ザラブせいじん)は、[[特撮]][[テレビドラマ]]『[[ウルトラマン]]』をはじめとする[[ウルトラシリーズ]]に登場する架空の[[宇宙人]]。別名は'''凶悪宇宙人'''。英字表記は''ALIEN ZARAB''<ref name="白書">{{HarvnbR|白書|1982|pp=50-51|loc=「ウルトラマン 怪獣リスト」}}</ref>{{Sfn|画報 上巻|2002|pp=41、46}}{{efn|書籍『ウルトラマン ベストブック』では''THERROB''と記述している{{Sfn|ベストブック|1993|pp=98、122}}。}}。
 
名前の由来は兄弟という意味の英語「brother (ブラザー)」を逆から読むという[[アナグラム]]{{Sfn|怪獣列伝|2008|pp=58-59|loc=「コラム 『ウルトラマン』の怪獣、意外な名前の由来」}}。『ウルトラマン』の劇中では「(ザラブ星人の)母星語で兄弟という意味」という星人自身の説明がある。
=== 初代 ===
第18話「遊星から来た兄弟」に登場。
* 身長:1.8 - 40メートル{{R|白書|怪獣大全集15|BESTBOOK98|大辞典|画報上41|怪獣列伝71|zenchousa|全怪獣16|読本224}}
* 身長:1.8 - 40メートル<ref name="白書" /><ref name="怪獣大全集15">{{Harvnb|ウルトラ怪獣大全集|1984|p=15}}</ref><ref name="BESTBOOK98">{{Harvnb|ベストブック|1993|pp=98-99}}</ref><ref name="大辞典">{{Harvnb|大辞典|2001|p=152}}</ref><ref name="画報上41">{{Harvnb|画報 上巻|2002|p=41}}</ref><ref name="怪獣列伝71">{{Harvnb|怪獣列伝|2008|pp=71-73|loc=「謀略を駆使して惑星を滅亡に追い込む策士 凶悪宇宙人ザラブ星人」}}</ref><ref name="zenchousa">{{Harvnb|全調査報告|2012|pp=70-71|loc=「CASE FILE18 遊星から来た兄弟」}}</ref><ref name="全怪獣16">{{Harvnb|円谷プロ全怪獣図鑑|2013|p=16}}</ref><ref name="読本224">{{Harvnb|研究読本|2014|pp=224、232|loc=「ウルトラマン 怪獣・宇宙人大図鑑」}}</ref>
* 体重:30 - 2万トン<ref name="{{R|白書" /><ref name="|怪獣大全集15" /><ref name="|大辞典" /><ref name="|画報上41" /><ref name="|怪獣列伝71" /><ref name="|zenchousa" /><ref name="|全怪獣16" /><ref name="|読本224" />}}{{efn|書籍『ウルトラマン ベストブック』では「300キログラム - 2万トン」と記述している<ref name="{{R|BESTBOOK98" />}}。}}
* 出身地:第8銀河系ザラブ星<ref name="{{R|白書" /><ref name="|怪獣大全集15" /><ref name="|BESTBOOK98" /><ref name="|大辞典" /><ref name="|画報上41" /><ref name="|全怪獣16" /><ref name="|読本224" />}}
 
これまでにも多くの星を滅ぼしたザラブ星の工作員の1人。母星は第8銀河系にあると語る。ザラブ星人は他の文明を滅ぼすことを目的としており、さまざまな惑星で暗躍している。破壊怪音波とそれを利用した催眠術、指先から発射する光弾<ref name="{{R|画報上41" /><ref name="|zenchousa" />}}{{efn|書籍『ウルトラマン大辞典』ではロケット弾<ref name="{{R|大辞典" />}}、『ウルトラ怪獣列伝』ではミサイル<ref name="{{R|怪獣列伝71" />}}と記述している。}}、どこからともなく放出する放射能霧<ref name="{{R|大辞典" /><ref name="|全怪獣16" />}}に加え、高い耐久性ゆえに動くとより強力に拘束する拘束用テープを持つが、この拘束用テープは地球人の涙を浴びると劣化する性質を持つ。等身大時には、地球人の言語を理解するために耳を出している{{Sfn|大ウルトラマン図鑑|1996|p=138}}。一人称は「わたし」。
 
突如として地球上に広まった放射能霧を簡単に取り除いたうえ、軌道を間違えたという地球側の土星ロケットを地球まで誘導し、地球人に対して友好的であるかのような行動をとるが、それらはすべて演技であった。イデ隊員を催眠術で操り、フジ隊員に化けてアラシ隊員に睡眠薬入りのコーヒーを飲ませて昏倒させ、防衛会議を盗聴する。ウルトラマンであるハヤタ隊員を捕獲してベータカプセルを奪おうとするが、彼がそれを持ち忘れていたために失敗した後、'''[[#にせウルトラマン|にせウルトラマン]]'''に変身して街を破壊することで、ウルトラマンを地球人の敵と思わせようとたくらむ。しかし、ホシノ少年にハヤタを救出されたために本物のウルトラマンと戦うことになり、スペシウム光線を撃ち込まれて変身が解け、格闘の末にスペシウム光線で倒される。
 
* スーツアクター・声:[[青野武]]<ref name="{{R|BESTBOOK98" /><ref name="|画報上41" /><ref name="|zenchousa" /><ref name="読本160">{{Harvnb|研究読本|2014|pp=160-161|loc=「エピソードガイド第18話」}}</ref>
* デザインは[[成田亨]]によるもので、首や肩を感じさせないデザインとしている{{Sfn|成田亨|2014|p=87}}。
* 頭部はFRP樹脂製だったが、途中からラテックス製となった{{Sfn|大ウルトラマン図鑑|1996|pp=138-139}}。等身大時には五角形の耳が頭よりせり出しているが、巨大化(戦闘)時には収納されて窪みになっている<ref name="XBD1">{{HarvnbR|ウルトラマンX BDBOX I|2015|loc=「KAIJU LABORATORY」XBD1}}</ref>
* 着ぐるみは[[ラゴン (ウルトラ怪獣)|巨大ラゴン]]の改造<ref name="{{R|zenchousa"/><ref name="|読本160" />}}。巨大ラゴンから流用した胴体のうち、側面や背面にあった鰭は取り外され、表面の形状のみを活かして塗り直されている。
* 金城哲夫によるノベライズ『怪獣絵物語ウルトラマン』では、他の宇宙人と共にウルトラマンの対策会議に参加している姿が挿絵で確認できる{{要ページ番号|date=2019年4月}}{{efn|文庫版の『小説ウルトラマン』では挿絵は無し。}}。その後、描写は無いがウルトラマンに倒されたことが語られている。
* 『[[ウルトラ怪獣大百科]]』での紹介時にはナレーターを青野が担当しており、自ら解説しているような表現となっている。
 
==== にせウルトラマン ====
* 身長:40メートル<ref name="{{R|白書" /><ref name="|怪獣大全集15" /><ref name="|BESTBOOK98" /><ref name="|大辞典241">{{Harvnb|大辞典|2001|p=241}}</ref><ref name="画報上41" /><ref name="怪獣列伝74">{{Harvnb|怪獣列伝|2008|pp=74-75|loc=「元祖偽ヒーロー にせウルトラマン」}}</ref><ref name="zenchousa" /><ref name="|全怪獣16" /><ref name="|読本224" />}}
* 体重:2万トン<ref name="{{R|白書" /><ref name="|怪獣大全集15" /><ref name="|BESTBOOK98" /><ref name="|大辞典241" /><ref name="|画報上41" /><ref name="|怪獣列伝74" /><ref name="|zenchousa" /><ref name="|全怪獣16" /><ref name="|読本224" />}}
* 出身地:ザラブ星<ref name="{{R|全怪獣16" /><ref name="|読本224" />}}{{efn|書籍『ウルトラ怪獣大全集』では「東京・科学センター付近」<ref name="{{R|怪獣大全集15" />}}、『ウルトラマン画報 上巻』では「東京ビル街」<ref name="{{R|画報上41" />}}と記述している。}}
地球人とウルトラマンの関係を険悪化させようと狙うザラブ星人が化けた偽者で、ハヤタを拉致したうえで夜の市街地を破壊する。ただし、ウルトラマンの外見を真似ただけなので、スペシウム光線などの特殊能力や、ウルトラマンに匹敵するパワーなどは持っていない<ref name="{{R|怪獣列伝74" />}}。本物よりも目が赤みを帯びて異常に吊り上がっており、耳やつま先、頭部のとさか、顎が尖っていてボディの赤いラインに黒縁が見られるなど異なる点が多いが、ムラマツたちは見分けが付かずに困惑していた{{efn|『ウルトラ怪獣列伝』では、夜の闇に紛れたことで形状の差異を誤魔化したものと解釈している<ref name="{{R|怪獣列伝74" />}}。}}。市街地を破壊した後はハヤタを監禁しておいたビルに戻り、そこで彼を連れてビルからロープでの脱出を試みているホシノ少年を発見すると、ロープごと摘み上げて宙づり状態で捕らえ、窮地に陥れる。しかし、出現した本物のウルトラマンにホシノ少年を奪還され、そのまま本物のウルトラマンと対峙する。最後は、格闘で敵わないと判断して空への逃亡を試みるが、スペシウム光線を受けて本来の姿に戻る。
 
* スーツアクター:池田文男<ref name="{{R|BESTBOOK98" /><ref name="|zenchousa"/><ref name="|読本160" />}}
* デザインは成田亨{{Sfn|成田亨|2014|p=88}}。
* マスクは新造{{efn|資料によっては、Bタイプの改造と記述している{{Sfn|大ウルトラマン図鑑|1996|pp=138-139}}。}}だが、スーツはウルトラマンのAタイプを改造<ref name="zenchousa"/><ref name="特秘3">{{Cite journal R|和書 zenchousa|date =2016-03-13<!--奥付表記--> |title=ウルトラマンマスクABC大研究 ここまでわかった!初代マンABC徹底検証 |publisher =[[洋泉社]] |journal =別冊[[映画秘宝]] 宝 |volume =vol.3 |pages=pp.208-211 |isbn=978-4-8003-0865-8 }}</ref>。足の形状はBタイプと同一<ref name="{{R|特秘3" />}}
* 出演者クレジットでは'''ニセ・ウルトラマン'''と表記されていた{{efn|資料によっては、表記をこちらに準じている<ref name="{{R|大辞典241" /><ref name="|画報上41" />}}。}}。「[[ウルトラ怪獣シリーズ]]」のソフビ人形のタグカードなど、一部では'''ニセウルトラマン'''とも表記されていた{{efn|2009年発売のソフビや、「ウルトラ怪獣名鑑」([[バンダイ]]、[[2002年]])などを除く。}}{{efn|資料によっては、表記をこちらに準じている<ref name="{{R|BESTBOOK98" />}}。}}。書籍『ウルトラ怪獣大全集』では'''にせ・ウルトラマン'''と表記している<ref name="{{R|怪獣大全集15" />}}。英字表記は''IMIT-ULTRAMAN''<ref name="{{R|白書" /><ref name="|画報上41" />}}{{efn|書籍『ウルトラマン ベストブック』では''NISE-ULTRAMAN''と記述している<ref name="{{R|BESTBOOK98" />}}。}}。
* 劇中で攻撃を行う装軌式ミサイル車両の映像は、映画『[[モスラ]]』からの流用<ref name="{{R|zenchousa"/>}}
 
=== 2代目 ===
第33話「禁じられた言葉」に登場。
* 身長:40メートル<ref name="白書" /><ref name="画報上46">{{HarvnbR|白書|画報 巻|2002|p=46}}</ref><ref name="怪獣列伝128">{{Harvnb|怪獣列伝|2008|p=128|loc=「突然現れし宇宙の悪魔 凶悪宇宙人ザラブ星人(二代目)」}}</ref><ref name="読本224" />}}
* 体重:2万トン<ref name="{{R|白書" /><ref name="|画報上46" /><ref name="|怪獣列伝128" /><ref name="|読本224" />}}
* 出身地:ザラブ星<ref name="{{R|白書" /><ref name="|画報上46" /><ref name="|読本224" />}}
地球侵略を狙う[[メフィラス星人#『ウルトラマン』に登場するメフィラス星人|メフィラス星人]]に操られ、[[バルタン星人#三代目|バルタン星人(三代目)]]や[[ケムール人#『ウルトラマン』に登場するケムール人|ケムール人(二代目)]]と共にビル街に現れる。体色はメフィラス星人と同じく、黒と銀のツートンカラーとなっている。出現後、すぐに他の宇宙人と共に消え去った。
 
* 着ぐるみは初代の流用であるが、耳が無く<ref name="{{R|怪獣列伝128" />}}体色は黒くなり、胸に銀色の模様が見られる。
* 資料によっては実態のない投影像であった可能性を記述している{{Sfn|ベストブック|1993|p=121}}<ref name="{{R|大辞典" /><ref name="|画報上46" /><ref name="|怪獣列伝128" />}}
 
== 『ウルトラマンボーイのウルころ』に登場するザラブ星人 ==
== 『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』に登場するザラブ星人 ==
映画『[[ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟]]』に登場。
* 身長:1.8 - 50メートル<ref name="メビウス兄弟36">{{HarvnbR|メビウス&兄弟超全集|2006|pp=36-37|loc=「ザラブ星人 にせウルトラマンメビウス」}}</ref><ref name="メビウスAD33">{{Harvnb|アーカイブ・ドキュメント|2007|p=33}}</ref><ref name="円谷全怪獣342">{{Harvnb|円谷プロ全怪獣図鑑|2013|p=342}}</ref>
* 体重:90キログラム - 3万7千トン<ref name="{{R|メビウス兄弟36" /><ref name="|メビウスAD33" /><ref name="|円谷全怪獣342" />}}
* 出身地:ザラブ星<ref name="{{R|円谷全怪獣342" />}}
かつてウルトラマンに倒されたザラブ星人の同族。GUYSのドキュメント[[ウルトラマン#科学特捜隊|SSSP]]にデータが記録されている。外見は筋肉質になっている以外は初代とほぼ同様。武器は手の先から発射する破壊光線<ref name="{{R|メビウス兄弟36" /><ref name="|メビウスAD33" />}}や攻撃を無力化するバリヤー<ref name="{{R|メビウス兄弟36" /><ref name="|メビウスAD33" />}}。初代が使用していた小型電子頭脳は使わず、地球人と直接会話できるようになっている。
 
変身能力によってジングウジ・アヤを捕らえて彼女に化け、ウルトラマンメビウス=ヒビノ・ミライに痺れ薬入りのコーヒーを飲ませて動けなくすると、'''[[#ニセウルトラマンメビウス|ニセウルトラマンメビウス]]'''の姿に変身して街を破壊し、わざと本物メビウスをおびき寄せて挑発しながら戦いを挑む。正体を暴かれた後は本物メビウスと格闘戦を繰り広げ、バリヤーで攻撃を防いでエネルギーを消耗させるが、光線の押し合いの末に最後はメビュームシュートを受けて倒される。しかし、すべては[[ガッツ星人#『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』に登場するガッツ星人|ガッツ星人]]がメビウスを捕らえるために仕組んだ罠だった。
 
* 声は『ウルトラマン』第18話と同じく、[[青野武]]が演じている。青野の起用は、脚本を担当した[[長谷川圭一]]の要望によるものである<ref name = "メビウス兄弟58">{{HarvnbR|メビウス&兄弟超全集|2006|p=58|loc=「[[小中和哉]](監督)×[[長谷川圭一]](脚本)ウルトラ対談」}}</ref>
* デザインは[[酉澤安施]]が担当<ref name = "メビウス兄弟63">{{HarvnbR|メビウス&兄弟超全集|2006|pp=63-65|loc=「THE ART OF ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」}}</ref><ref name = "メビウスAD63">{{Harvnb|アーカイブ・ドキュメント|2007|p=63}}</ref>。酉澤は子供の頃にザラブ星人を見て[[スフィンクス]]のイメージを抱いていたことから、筋肉に岩のイメージを加えている<ref name = "{{R|メビウスAD63" />}}。口元には初代と同じ風船のギミックが入っている<ref name = "{{R|メビウスAD63" />}}。等身大時と巨大化時における耳の差異も再現されている<ref name="{{R|XBD1" />}}
* ウルトラマンのライバルと目される宇宙人は他にも存在するが、[[バルタン星人]]は『[[ウルトラマンマックス]]』において新解釈されたばかりで悪役としては使い辛く、[[メフィラス星人]]は群れて戦うイメージではないとして選択肢からそれぞれ外され、ザラブ星人が選ばれた<ref name = "{{R|メビウス兄弟58" />}}
 
=== ニセウルトラマンメビウス ===
* 身長:49メートル<ref name="{{R|メビウス兄弟36" /><ref name = "|宇宙船YB07">{{Cite book|和書 |date = 2007-04-20 |title = [[宇宙船 (雑誌)|宇宙船]]YEAR BOOK 2007 |series = ソノラマMOOK |publisher = [[朝日ソノラマ]] |page=31 |isbn = 978-4-257-13096-3 }}</ref><ref name="メビウスAD33" /><ref name="|円谷全怪獣342" />}}
* 体重:3万7千トン<ref name="{{R|メビウス兄弟36" /><ref name = "|宇宙船YB07" /><ref name="|メビウスAD33" /><ref name="|円谷全怪獣342" />}}
ザラブ星人が変身した偽物のメビウス。にせウルトラマンと同じく目付きが悪く、足先が尖っているほか、全身および頭部の赤いラインに沿って黒いラインが引かれているが、にせウルトラマンと異なりメビュームスラッシュも放てる<ref name="{{R|円谷全怪獣342" />}}。この姿で街を破壊し、本物のメビウスをおびき寄せて交戦した末にメビュームスラッシュを受け、正体を現す。
* デザインは[[丸山浩 (デザイナー)|丸山浩]]<ref name = "{{R|宇宙船YB07" /><ref name = "|メビウス兄弟63" /><ref name = "|メビウスAD57">{{Harvnb|アーカイブ・ドキュメント|2007|p=57}}</ref>。脚本を担当した長谷川圭一の要望により<ref name = "{{R|メビウス兄弟58" />}}、本物との差異はにせウルトラマンをオマージュしている<ref name = "{{R|メビウス兄弟63" />}}。両目にはザラブ星人と同じ意匠が入っている<ref name = "{{R|メビウスAD57" />}}
 
== 『ウルトラマンメビウス外伝』に登場するザラブ星人 ==
== 『大怪獣バトル』に登場するザラブ星人 ==
=== 『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』に登場するザラブ星人(NRB) ===
『[[ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY]]』第8話「潜入者を撃て!」に登場。公式サイトには記載がないが、書籍では'''ザラブ星人(NRB)'''と表記されている{{R|UYB09|UG超全集}}{{Sfn|円谷プロ全怪獣図鑑|2013|p=363}}
* 身長:1.8 - 40メートル<ref name="UG超全集">{{HarvnbR|ウルトラギャラクシーUG超全集|2009|p=24|loc=「宇宙人名鑑」}}</ref>{{Sfn|円谷プロ全怪獣図鑑|2013|p=363}}
* 体重:30 - 2万トン<ref name="{{R|UG超全集" />}}{{Sfn|円谷プロ全怪獣図鑑|2013|p=363}}
* 出身地:ザラブ星{{Sfn|円谷プロ全怪獣図鑑|2013|p=363}}
公式サイトには記載がないが、書籍では'''ザラブ星人(NRB)'''と命名されている<ref>{{Cite journal|和書|date = 2009-04-01|title = 宇宙船vol.124特別付録 宇宙船 YEARBOOK 2009|journal = [[宇宙船 (雑誌)|宇宙船]]|volume = vol.124 |issue =(2009.春号)|publisher = [[ホビージャパン]] |page=別冊p.24 |isbn = 978-4894258549 }}</ref><ref name="UG超全集" />{{Sfn|円谷プロ全怪獣図鑑|2013|p=363}}。変身能力を駆使する凶悪な宇宙人だがレイオニクスではなく、宇宙の覇権を狙って戦っているレイオニクスを嫌い、変身能力で騙し討ちにしてバトルナイザーを奪っていた。奪ったバトルナイザーは、自分の顔を模した形のケースに収納している。一人称は「俺様」。
 
輸送飛行中のハルナを襲い、初代と同じく銀色のテープを用いて拘束すると彼女に化けてペンドラゴンに潜入するが、探索中にオキをレイオニクスと誤解したうえ、自分の正体を見抜いて毒殺しようとしていると思い込んで逃げ出したところに本物のハルナと遭遇し、言動から正体が露呈する。とっさに後述のにせウルトラマンに変身するが、船内のいざこざで手を傷めていたようでゴモラにはほとんど歯が立たず、一命は取り留めたものの敗北するとオキが「怪獣マニア」であることを知り、退散した。
* スーツアクター:[[福田大助 (スーツアクター)|福田大助]]
* 名前の後につく(NRB)は「レイオニクスバトラーではない」という意味。
* 今作でも巨大化時と等身大時での耳の差異が再現されている<ref name="{{R|XBD1" />}}
* ハルナを拉致する際に用いられた銀色のテープは初代と同様、彼女の流した涙で溶けてしまった。
 
==== 『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』に登場するにせウルトラマン ====
* 身長:40メートル{{R|galaxyneo}}
* 身長:40メートル<ref name="galaxyneo">{{Cite web |url=http://www.daikaijyu.com/galaxy/monster/niseultraman.html |title=登場怪獣 |work=ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY |accessdate=2017-01-30}}</ref>
* 体重:2万トン<ref name="{{R|galaxyneo" />}}
* 出身地:東京ビル街<ref name="{{R|galaxyneo" />}}{{efn|書籍『円谷プロ全怪獣図鑑』では「ザラブ星」と記述している{{Sfn|円谷プロ全怪獣図鑑|2013|p=363}}。}}
ザラブ星人(NRB)が変身したウルトラマンの偽者。初代同様に目が釣り上がり、耳やつま先が尖っていて腹部に黒線が入っている。ZAPの隊員たちの目の前で変身したため、即座に本物のウルトラマンではないと見破られ、レイが召喚したゴモラと対決する。[[ウルトラマン#ウルトラマンの能力|スペシウム光線]]は撃てないため、素手で立ち向かって劣勢におちいる。ザラブ星人と同じように攻撃して逆に痛がるなど、この戦いもコミカルに描かれている。結局、ゴモラの超震動波を受けて元の姿に戻る。
* 姿は初代のにせウルトラマンと同一であるが、今回はウルトラマンの目の部分(着ぐるみでいうところの覗き穴)が明確になっている。
=== 『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場するザラブ星人 ===
映画『[[大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE]]』に登場。
* 身長:40メートル<ref name = "銀河伝説">{{HarvnbR|ウルトラ銀河伝説超全集|2009|p=54}}</ref><ref name="円谷全怪獣369">{{Harvnb|円谷プロ全怪獣図鑑|2013|p=369}}</ref>
* 体重:2万トン<ref name = "{{R|銀河伝説" /><ref name="|円谷全怪獣369" />}}
* 出身地:ザラブ星<ref name="{{R|円谷全怪獣369" />}}
ギガバトルナイザーを手に入れ、にせウルトラマンに変身して光の国の宇宙牢獄に侵入し、[[ウルトラマンベリアル]]の封印を解く。復活させたベリアルと共に宇宙支配を目論むが、ベリアルにとってはもはや用済みであり、ギガバトルナイザーを渡した直後、肩慣らしとばかりにギガバトルナイザーで瞬殺された。事実上、本作における大事件の元凶である。『NEVER ENDING ODYSSEY』の個体とは別人<ref name = "{{R|銀河伝説" />}}
 
また、百体怪獣[[ウルトラマンベリアル#百体怪獣 ベリュドラ|ベリュドラ]]の左角を構成する怪獣の1体となっている{{Sfn|ウルトラ銀河伝説超全集|2009|p=78|loc=「百体怪獣ベリュドラ完全攻略」}}。
* 声:青野武
* 着ぐるみは『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』や『ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEVER ENDING ODYSSEY』で使用された物の顔を改造しており、全体的に初代に近いフォルムになっている<ref name = "造型">{{HarvnbR|ウルトラ銀河伝説超全集|2009|p=75|loc=型チーム座談会}}</ref>。巨大な姿でも耳の突起が残っている<ref name="{{R|XBD1" />}}
 
==== 『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場するにせウルトラマン ====
映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場。
* 身長:40メートル<ref name="{{R|円谷全怪獣369" />}}
* 体重:2万トン<ref name="{{R|円谷全怪獣369" />}}
* 出身地:ザラブ星<ref name="{{R|円谷全怪獣369" />}}
ギガバトルナイザーを手に入れていたザラブ星人が変身した姿。この姿で宇宙牢獄に現れ、番人を退けて牢獄に侵入した。
* スーツは『ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEVER ENDING ODYSSEY』の物の頭部を、初代に似せて改修した物<ref name = "{{R|造型" />}}
 
=== 『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』に登場するザラブ星人 ===
== 『ウルトラゾーン』に登場するザラブ星人 ==
バラエティ番組『[[ウルトラゾーン (テレビ番組)|ウルトラゾーン]]』では「怪獣マッサージ」、「THE LOVE」に登場。
* 身長:180センチメートル{{Sfn|円谷プロ全怪獣図鑑|2013|p=383}} - 40メートル<ref name="ZONE完全">{{HarvnbR|ウルトラゾーンZONE完全ガイド|2012|pp=68、86}}</ref>
* 体重:30トン{{Sfn|円谷プロ全怪獣図鑑|2013|p=383}} - 2万トン<ref name="{{R|ZONE完全" />}}
* 出身地:ザラブ星<ref name="{{R|ZONE完全" />}}{{Sfn|円谷プロ全怪獣図鑑|2013|p=383}}
 
第2話のコントパート「怪獣マッサージ」では、[[溜池山王駅|溜池山王]]のマッサージ店に来店し、マッサージを受けながら自身の経歴や能力を語る。最後に肩のマッサージを要求するが、その位置を判別しにくい体型が整体師を困惑させることになる。声は[[バカリズム]]が担当{{Sfn|ウルトラゾーン完全ガイド|2012|p=68|loc=「怪獣マッサージ」}}。
* 声 / 人間態:[[関智一]]
* スーツアクター:[[岩田栄慶]]、[[外島孝一]]
* スーツは『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』で使用された物を改修したもの<ref>{{Cite journalR|和書|date = 2011-12-27|title = ウルトラゾーン ドラマパートメイキング|journal = [[宇宙船 (雑誌)|宇宙船]]|volume = vol.135 |issue =(2012冬号)|publisher = [[ホビージャパン]] |page=58 |isbn = 978-4-7986-0334-6 U135}}</ref>
 
== 『ウルトラマンX』に登場するザラブ星人 ==
『[[ウルトラマンX]]』第4話「オール・フォー・ワン」に登場。
* 身長:1.8 - 40メートル{{R|X|X超全集39}}
* 身長:1.8 - 40メートル<ref name="X">{{Cite web |url=http://m-78.jp/x/character/ |title=ヒーロー&怪獣 ウルトラマンX(エックス)公式サイト |accessdate=2017-03-09}}</ref><ref name="X超全集39">{{Harvnb|X超全集|2016|p=39|loc=「ウルトラマンX怪獣大図鑑」}}</ref>
* 体重:30キログラム - 2万トン<ref name="{{R|X" /><ref name="|X超全集39" />}}
数多くの惑星を襲撃し、さらなる標的を地球に定めて降り立った破壊工作員。戦闘時は指からのエネルギーバルカンと格闘術を駆使する。
 
* 声:[[村上ヨウ]]
* スーツアクター:力丸佳大
* 公式サイトでは口がベムスターの腹部に似ていると紹介されている<ref name="{{R|X" />}}
* 第4話の脚本を担当した[[黒沢久子]]は、ザラブ星人を活かしきれなかったことを後悔していると述べている{{Sfn|ウルトラマンX BDBOX I|2015|loc=「EPISODE GUIDE 第4話」}}。
* 巨大化時にも耳の突起が残っている<ref name="{{R|XBD1" />}}
 
== 『ウルトラマンR/B』に登場するザラブ星人 ==
* 声、人間態(山田):竹内一希([[まんじゅう大帝国]])
* スーツアクター:矢﨑大貴
* NPTVの宇宙人のキャラクターは、業界歴の長い監督の[[神谷誠]]が実際に目にした人物を元にしている{{R|R/B}}。初期案では3体ともザラブ星人であった{{R|R/B}}。
* ザラブ星人が撮影に使用しているテレビカメラの形状は、初代ザラブ星人が使用していた電子頭脳を模している{{R|R/B}}。
 
== 『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア』に登場するザラブ星人 ==
* バラエティ番組『[[めちゃ×2イケてるッ!]]』[[2009年]][[12月5日]]放送分では、『[[大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE]]』の出演オーディションに他の怪獣たちと共に参加。[[プレッシャー (ウルトラ怪獣)|プレッシャー星人]]に妨害され、球乗り対決で球から落ちてしまった[[ゼットン]]を起こそうとしていた。
* 『ウルトラマンゼロ&オールスターウルトラマン超絶!ウルトラリーグ』(テレビマガジン版2011年7月号掲載分)では、エンペラ星人とレイブラッド星人が率いる宇宙人軍団の1体としてウルティメイトフォースゼロを襲う。
* 2014年8月2日に[[フジテレビONE]]で放送されたテレビ番組『[[ウルトラ怪獣散歩]]』にゲストとして登場<ref name = "散歩">{{Cite web |date=2014-07-31 |url=http://m-78.jp/news/n-2643/ R|title=ウルトラ怪獣たちの街ぶら番組『ウルトラ怪獣散歩』CSフジにて8/2(土)放送!声の出演は「東京03」!さらにDVD化も決定! |publisher=[[円谷プロダクション]] |accessdate=2014-11-03}}</ref>。声は[[飯塚悟志]]([[東京03]])<ref name = "{{R|散歩" />}}
 
== 脚注 ==
{{notelist}}
=== 出典 ===
{{Reflist}}
|refs=
<ref name="白書">{{Harvnb|白書|1982|pp=50-51|loc=「ウルトラマン 怪獣リスト」}}</ref>
<ref name="怪獣大全集15">{{Harvnb|ウルトラ怪獣大全集|1984|p=15}}</ref>
<ref name="BESTBOOK98">{{Harvnb|ベストブック|1993|pp=98-99}}</ref>
<ref name="大辞典">{{Harvnb|大辞典|2001|p=152}}</ref>
<ref name="大辞典241">{{Harvnb|大辞典|2001|p=241}}</ref>
<ref name="画報上41">{{Harvnb|画報 上巻|2002|p=41}}</ref>
<ref name="画報上46">{{Harvnb|画報 上巻|2002|p=46}}</ref>
<ref name="メビウス兄弟36">{{Harvnb|メビウス&兄弟超全集|2006|pp=36-37|loc=「ザラブ星人 にせウルトラマンメビウス」}}</ref>
<ref name="メビウス兄弟58">{{Harvnb|メビウス&兄弟超全集|2006|p=58|loc=「[[小中和哉]](監督)×[[長谷川圭一]](脚本)ウルトラ対談」}}</ref>
<ref name="メビウス兄弟63">{{Harvnb|メビウス&兄弟超全集|2006|pp=63-65|loc=「THE ART OF ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」}}</ref>
<ref name="メビウスAD33">{{Harvnb|アーカイブ・ドキュメント|2007|p=33}}</ref>
<ref name="メビウスAD57">{{Harvnb|アーカイブ・ドキュメント|2007|p=57}}</ref>
<ref name="メビウスAD63">{{Harvnb|アーカイブ・ドキュメント|2007|p=63}}</ref>
<ref name="怪獣列伝71">{{Harvnb|怪獣列伝|2008|pp=71-73|loc=「謀略を駆使して惑星を滅亡に追い込む策士 凶悪宇宙人ザラブ星人」}}</ref>
<ref name="怪獣列伝74">{{Harvnb|怪獣列伝|2008|pp=74-75|loc=「元祖偽ヒーロー にせウルトラマン」}}</ref>
<ref name="怪獣列伝128">{{Harvnb|怪獣列伝|2008|p=128|loc=「突然現れし宇宙の悪魔 凶悪宇宙人ザラブ星人(二代目)」}}</ref>
* 身長:40メートル<ref name="galaxyneo">{{Cite web |url=http://www.daikaijyu.com/galaxy/monster/niseultraman.html |title=登場怪獣 |work=ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY |accessdate=2017-01-30}}</ref>
<ref name="UG超全集">{{Harvnb|ウルトラギャラクシー超全集|2009|p=24|loc=「宇宙人名鑑」}}</ref>
<ref name="銀河伝説">{{Harvnb|ウルトラ銀河伝説超全集|2009|p=54}}</ref>
<ref name="造型">{{Harvnb|ウルトラ銀河伝説超全集|2009|p=75|loc=造型チーム座談会}}</ref>
<ref name="ZONE完全">{{Harvnb|ウルトラゾーン完全ガイド|2012|pp=68、86}}</ref>
<ref name="zenchousa">{{Harvnb|全調査報告|2012|pp=70-71|loc=「CASE FILE18 遊星から来た兄弟」}}</ref>
<ref name="全怪獣16">{{Harvnb|円谷プロ全怪獣図鑑|2013|p=16}}</ref>
<ref name="円谷全怪獣342">{{Harvnb|円谷プロ全怪獣図鑑|2013|p=342}}</ref>
<ref name="円谷全怪獣369">{{Harvnb|円谷プロ全怪獣図鑑|2013|p=369}}</ref>
<ref name="読本160">{{Harvnb|研究読本|2014|pp=160-161|loc=「エピソードガイド第18話」}}</ref>
<ref name="読本224">{{Harvnb|研究読本|2014|pp=224、232|loc=「ウルトラマン 怪獣・宇宙人大図鑑」}}</ref>
<ref name="散歩">{{Cite web|date=2014-07-31|url=http://m-78.jp/news/n-2643/|title=ウルトラ怪獣たちの街ぶら番組『ウルトラ怪獣散歩』CSフジにて8/2(土)放送!声の出演は「東京03」!さらにDVD化も決定!|publisher=[[円谷プロダクション]]|accessdate=2014-11-03}}</ref>
* 身長:1.8 - 40メートル<ref name="X">{{Cite web |url=http://m-78.jp/x/character/ |title=ヒーロー&怪獣 ウルトラマンX(エックス)公式サイト |accessdate=2017-03-09}}</ref><ref name="X超全集39">{{Harvnb|X超全集|2016|p=39|loc=「ウルトラマンX怪獣大図鑑」}}</ref>
<ref name="XBD1">{{Harvnb|ウルトラマンX BDBOX I|2015|loc=「KAIJU LABORATORY」}}</ref>
<ref name="X超全集39">{{Harvnb|X超全集|2016|p=39|loc=「ウルトラマンX怪獣大図鑑」}}</ref>
<ref name="R/B">Blu-ray『[[ウルトラマンR/B]] Blu-ray BOX II』([[バンダイビジュアル]] BCXS-1391)封入 SPECIAL NOTE(構成・執筆:トヨタトモヒサ) 第18話「明日なき世界」</ref>
<ref name="宇宙船YB07">{{Cite book|和書|date=2007-04-20|title=[[宇宙船 (雑誌)|宇宙船]]YEAR BOOK 2007|series=ソノラマMOOK|publisher=[[朝日ソノラマ]]|page=31|isbn=978-4-257-13096-3}}</ref>
<ref name="UYB09">{{Cite journal|和書|date=2009-04-01|title=宇宙船vol.124特別付録 宇宙船 YEARBOOK 2009|journal=宇宙船|volume=vol.124|issue=(2009.春号)|publisher=[[ホビージャパン]]|page=別冊p.24|isbn=978-4894258549}}</ref>
<ref name="U135">{{Cite journal|和書|date=2011-12-27|title=ウルトラゾーン ドラマパートメイキング|journal=宇宙船|volume=vol.135|issue=(2012冬号)|publisher=[[ホビージャパン]]|page=58|isbn=978-4-7986-0334-6}}</ref>
<ref name="特秘3">{{Cite journal|和書|date=2016-03-13<!--奥付表記-->|title=ウルトラマンマスクABC大研究 ここまでわかった!初代マンABC徹底検証|publisher=[[洋泉社]]|journal=別冊[[映画秘宝]] 特撮秘宝|volume=vol.3|pages=208-211|isbn=978-4-8003-0865-8}}</ref>
}}
 
== 参考文献 ==
* [[ファンタスティックコレクション]]([[朝日ソノラマ]])
** {{Cite book|和書 |date = 1982-12-31 |title = 不滅のヒーローウルトラマン白書 |series = ファンタスティック・コレクション・スペシャル |publisher = 朝日ソノラマ |edition = 初版 |id = 雑誌コード:67897-80 |ref = {{SfnRef|白書|1982}} }}
** {{Cite book|和書 | title = [[ウルトラマンメビウス]] アーカイブ・ドキュメント | editor = [[宇宙船 (雑誌)|宇宙船]]編集部 編 | others = [[円谷プロダクション]] 監修 | publisher = 朝日ソノラマ | series = ファンタスティックコレクションNo.∞ | date = 2007-06-30 | isbn = 978-4-257-03745-3 | ref = {{SfnRef|アーカイブ・ドキュメント|2007}} }}
* [[てれびくん]]デラックス愛蔵版シリーズ([[小学館]])
** {{cite book |和書 | date = 1984-09-10 | title = ウルトラ怪獣大全集 | publisher = 小学館 | series = てれびくんデラックス愛蔵版 | isbn = 4-09-101411-9 | ref={{SfnRef|ウルトラ怪獣大全集|1984}} }}
** {{Cite book |和書 |date=2006-10-10 |title=[[ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟]][[超全集]] |series = てれびくんデラックス 愛蔵版 |publisher=小学館 |isbn=978-4-09-105110-3 |ref={{SfnRef|メビウス&兄弟超全集|2006}} }}
** {{Cite book|和書| title = [[ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY]] 超全集 | publisher = 小学館 | series = てれびくんデラックス愛蔵版 | date = 2009-05-02 | isbn = 978-4-09-105125-7 | ref = {{SfnRef|ウルトラギャラクシー超全集|2009}} }}
** {{Cite book|和書 | title = [[大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE]] 超全集 | publisher = 小学館 | series = てれびくんデラックス愛蔵版 | date = 2009 | isbn = 978-4-09-105129-5 | ref = {{SfnRef|ウルトラ銀河伝説超全集|2009}} }}
** {{Cite book|和書|others=構成・間宮尚彦 執筆・大石真司|title =[[ウルトラマンX]]超全集 |series=てれびくんデラックス 愛蔵版 |date = 2016-03-16 |publisher = 小学館 |isbn = 978-4-09-105153-0 |ref={{SfnRef|X超全集|2016}} }}
* {{cite book |和書 | date = 1993-09-05 | title = ウルトラマン ベストブック | publisher = [[竹書房]] | isbn = 4-88475-211-2 | ref={{SfnRef|ベストブック|1993}} }}
* {{Cite book|和書|author = ヤマダ・マサミ|year = 1996|title = 大ウルトラマン図鑑|publisher = ホビージャパン|isbn = 978-4894251090|ref = {{SfnRef|大ウルトラマン図鑑|1996}}}}
* {{cite book |和書 | date = 2001-12-21 |others=監修 円谷プロダクション | title = ウルトラマン大辞典 | publisher = [[中経出版]] | isbn = 4-8061-1556-8 | ref={{SfnRef|大辞典|2001}} }}
* {{Cite book|和書 |editor=竹書房/ブレインナビ編 | title = ウルトラマン画報 <small>光の戦士三十五年の歩み</small> | publisher = 竹書房 | volume = 上巻 | date = 2002-10-04 | isbn = 978-4-8124-0888-9 | ref = {{SfnRef|画報 上巻|2002}} }}
* {{cite book |和書 |editor=ブレインナビ編著 | date = 2008-08-18 | title = ウルトラ怪獣列伝 ウルトラマン・ウルトラセブン編 | publisher = [[PHP研究所]] |series=[[PHP文庫]]| isbn = 978-4-569-67071-3 | ref={{SfnRef|怪獣列伝|2008}} }}
* {{Cite book|和書|others=監修 [[円谷プロダクション]]|title =[[ウルトラゾーン (テレビ番組)|ウルトラゾーン]]オフィシャル完全ガイド |date = 2012-08-11 |publisher = [[扶桑社]] |isbn = 978-4-594-06640-6 |ref={{SfnRef|ウルトラゾーン完全ガイド|2012}} }}
* {{cite book |和書 |editor=講談社 編 | date = 2012-12-20 | title = ウルトラマン 全調査報告 | publisher = [[講談社]] | series = キャラクター大全 | isbn = 978-4-06-218128-0 | ref={{SfnRef|全調査報告|2012}} }}
* {{Cite book|和書|author = 大石真司 |coauthors = 江口水基・島崎淳・間宮尚彦 |date = 2013-03-11 |title = 円谷プロ全怪獣図鑑 |publisher = 小学館 |isbn = 9784096820742 |ref = {{SfnRef|円谷プロ全怪獣図鑑|2013}} }}
* {{cite book |和書 | date = 2014-01-02<!--奥付表記-->| title = 別冊映画秘宝ウルトラマン研究読本 | publisher = [[洋泉社]] | series = 洋泉社MOOK | isbn = 978-4-8003-0262-5 | ref={{SfnRef|研究読本|2014}} }}
* {{Cite book|和書 |author=成田亨|authorlink=成田亨|date = 2014-07-19 |title = 成田亨作品集 |publisher = 羽鳥書店 |isbn = 978-4-904702-46-8 |ref=harv}}
* {{wikicite|ref={{SfnRef|ウルトラマンX BDBOX I|2015}}|reference=Blu-ray『[[ウルトラマンX]] Blu-ray BOX I』(バンダイビジュアル BCXS-1026)封入 SPECIAL NOTES(構成・執筆:[[ガイガン山崎]]、島崎淳)}}<!--ページ数表記なし-->
 
42,162

回編集