「ゲノム編集」の版間の差分

(CRISPR/Cas9の言い回し、「危険性と規制」でref先で言及の無いもの、節と関係ないものの除去、など。)
{{仮リンク|TALEN|en|TALEN}}は[[日本語]]で転写活性化因子様エフェクターヌクレアーゼとも呼ばれる。制限酵素である{{仮リンク|FokI|en|FokI}}をDNA切断ドメインとして、植物病原細菌[[キサントモナス属]] (Xanthomonas) から分泌されるTALEタンパク質のDNA結合ドメインを融合させた人工酵素である<ref name=Nakagawa2014>{{cite web|author=中川佳子|title=TALEN による遺伝子破壊マウスの作製と変異個体スクリーニング法の確立|url=http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/31342/8/seimeikagaku_otu5zenbun.pdf|publisher=熊本大学|year=2014|accessdate=2015-12-26|format=PDF}}</ref><ref>[[:en:Transcription activator-like effector nuclease#TALE DNA-binding domain]]</ref>。
 
TALEタンパク質から成るDNA結合ドメインは34個程度の[[アミノ酸]]の繰返し構造をとっている。この繰返しの単位をモジュールとよぶ。その中で、アミノ酸第12位と13位が可変となっており、標的配列と結合する部分で「反復可変二残基」(RVD) と呼ばれる。TALENは原理の説明図の中に示したように、L TALENとR TALENのペアとして、標的DNAの反対鎖にそれぞれ結合する必要がある。つまり、FokIが切断活性を示すためにはTALENが適切な距離を維持して二量体を形成する必要がある。TALENにおけるミスマッチ寛容やオフターゲット活性はほとんど報告されておらず、高い特異性が特徴である<ref name=Nakagawa2014/><ref>{{cite web|title=CRISPRとTALENの利点と欠点を解説|url=https://www.cosmobio.co.jp/support/technology/a/crispr-talen.asp|publisher=コスモ・バイオ株式会社|accessdate=2015-12-26}}</ref>。
 
Golden Gate法では、10モジュールのアセンブリをもちいてTALEN[[プラスミド]]を構築する<ref>{{cite journal|authors=Cermak, Tomas, et al.|title=Efficient design and assembly of custom TALEN and other TAL effector-based constructs for DNA targeting|journal=Nucleic Acids Res.|year=2011|volume=39|issue=12|pages=e82|doi=10.1093/nar/gkr218}}</ref>。これに改良を加えて、高速かつ簡便に高活性なTALENを作成する手法が開発され、Platinum TALENと名付けられた<ref>{{cite web|title=新しい人工ヌクレアーゼPlatinum TALENを用いたゲノム編集によって高効率にカエルやラットの遺伝子改変が可能に!|url=http://www.hiroshima-u.ac.jp/top/koho_press/press/h2501-12/p_svbhp8.html|publisher=広島大学|date=2013-11-27|accessdate=2016-01-06}}</ref><ref>{{cite journal|authors=Sakuma, Tetsushi, et al.|title=Repeating pattern of non-RVD variations in DNA-binding modules enhances TALEN activity|journal=Scientific reports|volume=3|number=3379|doi=10.1038/srep03379|year=2013}}</ref><ref>{{cite web|title=Plasmids from Article|url=https://www.addgene.org/browse/article/7673/|publisher=Addgene|accessdate=2016-01-06}}</ref>。主な改良点は、作成したプラスミドの活性評価が[[哺乳類|哺乳動物]]の培養細胞で行えること、モジュールのアセンブリにおける失敗を減じるため6または4モジュールのアセンブリを用いること、切断活性を向上させたこと、活性が向上したにも関わらず細胞毒性を出さない工夫がなされたことである<ref name=Nakagawa2014/>。
匿名利用者