「拡大技法」の版間の差分

編集の要約なし
*弁護士が「ひっかき傷(scratch)」のことを「外傷(wound)」あるいは「裂傷(laceration)」と言うこと。
*「本(A book)」を「volume(巻)」あるいは「tome(大冊)」と言うこと。
*重大さまたは壮大さの感覚を出す意図で、「映画(A film)」のことを「drama(ドラマ)」あるいは「epic([[叙事詩的映画|叙事詩]])」と言うこと。
 
==参考文献==
*Corbett, Edward P.J. ''Classical Rhetoric for the Modern Student''. Oxford University Press, New York, 1971.
*ディオニュシオス/デメトリオス 修辞学論集(日本語訳:[[木曽明子]]・[[戸高和弘]]・[[渡辺浩司]]{{要曖昧さ回避|date=2016年5月}}<!-- http://www.kyoto-up.or.jp/book.php?isbn=9784876981540 -->。[[京都大学学術出版会]]・西洋古典叢書)
 
==関連項目==
*[[誇張法]]
*[[抑言法]]
*[[緩叙法]]
 
{{language-stub}}
匿名利用者