「阪急コミュニケーションズ」の版間の差分

新会社の本社はTBSブリタニカから継承して目黒区に置き、大阪市北区の阪急電鉄本社ビル内(TOKKの編集部門・広告部門と宝塚歌劇関連雑誌の広告部門)と[[宝塚市]]の[[宝塚大劇場]]内(宝塚歌劇関連書籍・雑誌の編集部門)にも事務所を構えていた。
 
現在当時は上記の雑誌の他書籍、デジタル事業、[[フリーペーパー]]事業([[TOKK]]など)、[[宝塚歌劇検定]]事業を手がけていた。
 
2014年10月に事業再編を行い、宝塚歌劇関連事業を[[宝塚クリエイティブアーツ]]に、フリーペーパー事業と阪急電鉄関連出版事業を[[阪急アドエージェンシー]]にそれぞれ譲渡し、残った出版事業を新設する株式会社CCCメディアハウスに分割した上で同社株式を[[カルチュア・コンビニエンス・クラブ]]に譲渡、法人としての阪急コミュニケーションズは[[清算]]することとなった<ref>{{Citation|和書
匿名利用者