「フエガラス」の版間の差分

m
→‎亜種: ISBNエラー修正
m (ISBNエラー修正、多分これかと)
m (→‎亜種: ISBNエラー修正)
;''S. g. magnirostris'' :[[ヨーク岬半島]]からノーザン・クイーンズランド地方<!---地域名なのでクイーンズランド北部としない--->のノーマンビー川にかけて見られる。1923年にヘンリー・レイク・ホワイトによって最初に記載された<ref>{{cite journal|last=White|first=Henry Lake|date=1923|journal=Emu|publisher=RAOU|volume=22|issue=3|pages=258}}</ref>。亜種''S. g. magnirostris'' はより長く、より重いくちばしを持ち、尾羽は他の亜種よりも短い。 あまり研究されていない<ref name=Hig553/>。
;''S. g. robinsoni'' :アサートン高原にて見られる。1912年に[[:en:Gregory_Mathews|Gregory Mathews]]によって最初に記載されたが<ref>{{cite journal|last=Mathews|first=Gregory M.|date=1912|journal=Novitates Zoologicae|volume=18|issue=3|pages=443}}</ref>、研究者によっては''S. g. magnirostris'' と同一亜種と見なすこともある。 あまり研究されていないが、他の亜種よりも小さい<ref name=Hig553/>。
;''S. g. nebulosa'':ニュー・サウス・ウェールズ州南東部、[[オーストラリア首都特別地域]]および、[[ビクトリア州]]中部で見られ、他の亜種とよく似ているが、より短いくちばし、より長い尾羽、より大きい翼を持つ。背面は灰黒色で、他の亜種より少し淡く、腹部は青灰色がかった黒褐色である。初列風切りの白色のパッチもまた小さい<ref name=Hig552/>。鳥類学者で鳥類分類学者の[[:en:Richard Schodde|Richard Schodde]]および[[:en:Ian J. Mason|Ian Mason]]によって、1999年に命名された<ref name="SchoddeMason99">{{cite book|last=Schodde |first=Richard|coauthors=Mason, Ian J.|title=The directory of Australian birds : a taxonomic and zoogeographic atlas of the biodiversity of birds in Australia and its territories. [Vol.1], Passerines |publisher=CSIRO Publishing|location=Melbourne|date=1999|pages=552|isbn=0-643-0645706456-7}}</ref>。ニュー・サウス・ウェールズ州のエデン北部からイラワラ地域、およびブルー・マウンテンズの北西部にかけて、亜種''S. g. graculina'' との交雑地域がある<ref name=Hig553/>。
 
== 生態 ==
20,374

回編集