「鳥類」の版間の差分

m
→‎羽毛、羽衣と鱗: ISBNエラー修正
m (→‎循環器: URL修正 using AWB)
m (→‎羽毛、羽衣と鱗: ISBNエラー修正)
羽毛は(現在では真の鳥類であるとは考えられていない[[羽毛恐竜|恐竜の一部]]にも存在するが)、鳥類に特有の特徴である。羽毛によって飛翔が可能になり、断熱によって[[体温#体温調節|体温調節]] ([[w:Thermoregulation|thermoregulation]]) を助け、そしてディスプレイやカモフラージュ、情報伝達にも使用される<ref name=Gill_100>[[#ギル3|ギル 『鳥類学』 (2009)]]、100頁</ref>。羽毛にはいくつもの種類があり、それぞれが、個々のさまざまな目的に応じて機能している。羽毛は皮膚に付属した上皮成長物であり、羽域(羽区、pterylae)と呼ばれる、皮膚の特定の領域にのみ生ずる<ref name="Shigeta199708">{{Cite journal |和書|author=茂田良光 |title=鳥類の羽毛と換羽 |date=1997-8 |publisher=文一総合出版 |journal=BIRDER |volume=11 |number=8 |pages=27-33}}</ref>。これらの羽域の分布パターン(羽区分布、pterylosis)は分類学や系統学で使用されている。鳥の体における羽毛の配列や外観を総称して、羽衣 ([[w:Plumage|plumage]]) と呼ぶ<ref name="Shigeta199708"/>。羽衣は、同一種のなかでも、年齢、[[社会的地位]]<ref>{{Cite journal |last=Belthoff |first=James R. |date=1 August 1994|title=Plumage Variation, Plasma Steroids and Social Dominance in Male House Finches |journal=The Condor |volume=96 |issue=3 |pages=614–25 |doi=10.2307/1369464 |issn=00105422 |author2=Dufty, |author3=Gauthreaux,}}</ref>、[[性的二形|性別]]によって変化することがある<ref>{{cite web|last=Guthrie| first=R. Dale|title=How We Use and Show Our Social Organs |work=Body Hot Spots: The Anatomy of Human Social Organs and Behavior |url=http://employees.csbsju.edu/lmealey/hotspots/chapter03.htm |accessdate=2014-07-05 |archiveurl=http://web.archive.org/web/20070621225459/http://employees.csbsju.edu/lmealey/hotspots/chapter03.htm |archivedate = June 21, 2007}}</ref> 。
 
羽衣は定期的に生え変わっている(換羽、[[w:Moulting|moult]])。鳥の標準的な羽衣は、繁殖期のあとに換羽したものであり、非繁殖羽 (Non-breeding plumage) として知られている。あるいはハンフリー・パークスの用語 ([[w:Humphrey-Parkes terminology|Humphrey-Parkes terminology]]) によれば「基本」羽 ("basic" plumage) である。繁殖羽、あるいは基本羽の変化したものは、ハンフリー・パークスの用語法によれば「交換」羽 ("alternate" plumages) として知られる<ref>{{Cite journal |last=Humphrey |first=Philip S. |date=1 June 1959|title=An approach to the study of molts and plumages |journal=The Auk |volume=76 |pages=1–31 |url=http://elibrary.unm.edu/sora/Auk/v076n01/p0001-p0031.pdf |format=PDF |doi=10.2307/3677029 |issn=09088857 |issue=2 |jstor=3677029 |accessdate=2014-07-05}}</ref>。ほとんどの種で、換羽は年1回起こるが、なかには年2回換羽するものもあり、また、大型の猛禽類は、何年かに1回だけ生え変わるものもある。換羽のパターンは種ごとに異なる。[[スズメ目]]の鳥に見られる一般的なパターンは、初列風切が外側に向かって(遠心性換羽)、次列風切は内側に向かって(求心性換羽)<ref name="Shigeta199708"/>、そして尾羽が中央から外側に向かって生え変わっていく(遠心性換羽)<ref name=Gill_129 /><ref>{{cite web|first=Robert B|last=Payne|title=Birds of the World, Biology 532|url=http://www.ummz.umich.edu/birds/resources/families_otw.html|publisher=Bird Division, University of Michigan Museum of Zoology|accessdate=2007-10-20}}</ref>。スズメ目の鳥では、[[風切羽]]は、最も内側の初列風切から始まり、一度に左右1枚ずつ生え変わる。初列風切の内側半分(6番目の第5羽)が生え変わると、最も外側の三列風切が抜け始める。最も内側の三列風切が換羽したあと、次列風切が最も外側から抜け始め、これがより内側の羽毛へと進行していく。初列雨覆は、それが覆っている初列風切の換羽に合わせて生え変わる<ref name="Shigeta199708"/><ref name="pettingill">{{Cite book|author=Pettingill Jr. OS|year=1970|title=Ornithology in Laboratory and Field|isbn=8087160930808716093|publisher=Burgess Publishing Co}}</ref>。[[ハクチョウ|ハクチョウ類]]<ref name=Yamashina2004_64-66>[[#山階2004|山階鳥研 (2004)]]、65頁</ref>、[[雁|ガン類]]、[[カモ|カモ類]]といった種は、すべての風切羽が一度に抜け、一時的に飛ぶことができなくなるほか<ref name="debeeretal">{{cite web|url= http://web.uct.ac.za/depts/stats/adu/pdf/ringers-manual.pdf |format=PDF |year=2001 |author=de Beer SJ, Lockwood GM, Raijmakers JHFS, Raijmakers JMH, Scott WA, Oschadleus HD, Underhill |title=SAFRING Bird Ringing Manual |page=60 |accessdate=2014-07-05}} </ref>[[アビ属|アビ類]]<ref name=Yamashina2004_64-66 />、[[ヘビウ属|ヘビウ類]]、[[フラミンゴ|フラミンゴ類]]、[[ツル|ツル類]]、[[クイナ科|クイナ類]]、 [[ウミスズメ科|ウミスズメ類]]にもこのような種がある<ref name="Shigeta199708"/>。一般的な様式として、尾羽の脱落と生え変わりは、最も内側の一対から始まる<ref name="pettingill"/>。しかし、[[キジ科]]の[[セッケイ|セッケイ類]]においては、外側尾羽の中心から換羽が始まり、双方向への進行が見られる<ref name=Gill_129>[[#ギル3|ギル 『鳥類学』 (2009)]]、129頁</ref>。[[キツツキ科|キツツキ類]]や[[キバシリ科|キバシリ類]]の尾羽では、遠心性換羽は少し変更され、これらの換羽は内側から2番目の一対の尾羽から始まり、そして一対の中央尾羽で終わる。これによって木をよじ登るのための尾羽の機能を維持している<ref name="pettingill"/><ref>{{Cite journal |first1=Mayr |last1=Ernst |first2=Mayr |last2=Margaret |year=1954|title=The tail molt of small owls |journal=The Auk |volume=71 |issue=2 |pages=172–178 |url=http://sora.unm.edu/sites/default/files/journals/auk/v071n02/p0172-p0178.pdf |format=PDF |accessdate=2014-07-05}}</ref>。営巣に先立って、ほとんどの鳥類の雌は、腹に近い羽毛を失うことで、皮膚の露出した{{仮リンク|抱卵斑|en|Brood patch}}を得る。この部分の皮膚は血管がよく発達し、鳥の抱卵の助けになる<ref name=Gill_450-451>[[#ギル3|ギル 『鳥類学』 (2009)]]、450-451頁</ref><ref>{{Cite journal |last=Turner |first=J. Scott |year=1997 |title=On the thermal capacity of a bird's egg warmed by a brood patch |journal=Physiological Zoology |volume=70 |issue=4 |pages=470–80 |doi=10.1086/515854 |pmid=9237308 |month= July|issn=0031-935X}}</ref>。
 
[[ファイル:Red Lory (Eos bornea)-6.jpg|alt= 黄色のくちばしをした赤いインコが翼の羽をくわえている。|upright|right|thumb|ヒインコ (''[[w:Eos bornea|Eos bornea]]'') の羽繕い]]
20,374

回編集