「飯塚盈延」の版間の差分

節小見出し変更、lk、書誌、xl加筆、Normdaten設定など。
(節小見出し変更、lk、書誌、xl加筆、Normdaten設定など。)
'''飯塚 盈延'''(いいづか みつのぶ、[[1902年]][[10月4日]] - [[1965年]][[9月4日]])は、[[日本共産党]]党員で[[特別高等警察]]の[[スパイ]]。「スパイM」とも呼ばれる。変名は松村昇、峰原暁助、天野煕、高瀬正敬。[[愛媛県]]出身。
 
== 略歴人物・生涯 ==
1902年に愛媛県[[周桑郡]][[小松町_(愛媛県)|小松町]]に生まれ、[[1909年]][[尋常小学校]]に入学。成績が良く[[天才]]と呼ばれた。[[1918年米騒動|米騒動]]などをきっかけに日本共産党最初の[[労働者]]党員になり、[[渡辺政之輔]]が率いていた[[東京]]合同組合に身を投じることで[[労働運動]]にかかわっていった。その後、若手の労働運動活動家として[[第二次共産党 (日本)|日本共産党(第二次)]]の派遣により、[[モスクワ]]の[[東方勤労者共産大学]](クートヴェ)に留学した(留学中の変名は「フョードロフ」)。しかし留学中共産党に幻滅し、帰国後に[[逮捕 (日本法)|検挙]]され[[転向]]したうえで[[日本の警察|警察]]のスパイになったとされる。
 
== 参考文献 ==
{{参照方法|date=2018年4月|section=1}}
* [[小林峻一]][[鈴木隆一 (プロデューサー)|鈴木隆一]]共著 『昭和史最大のスパイ・M-M―日本共産党を壊滅させた男』 [[ワック・マガジンズ|ワック]]、2006年。ISBN 489831550X
* [[立花隆]] 『[[日本共産党の研究]]』上下巻、[[講談社]]、1978年。(上巻){{全国書誌番号|78011299}}、(下巻){{全国書誌番号|78031649}}
* [[松本清張]] 『[[昭和史発掘]]』第十三話 「スパイ“M”の謀略」(文春文庫新装版第3巻(2005年。ISBN 4167697025)所収)
 
== 外部リンク ==
*{{kotobank|飯塚 盈延-1637757|[[20世紀日本人名事典]]|飯塚 盈延}}
*{{kotobank|飯塚盈延-1052006|デジタル版 [[日本人名大辞典]]+Plus|飯塚盈延}}
*{{kotobank|スパイM-1084480|[[日本大百科全書]](ニッポニカ)|スパイM}}
 
{{戦前の日本共産党}}
{{Normdaten}}
{{Communism-stub}}
{{People-stub}}