「ビル・ローレンス」の版間の差分

m (長期荒らしによる ID:63623319 の版を取り消し)
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 Androidアプリ編集
ビル・ローレンスの初期のユーザーでは[[ジョー・ペリー]]が有名である。後に[[ダイムバッグ・ダレル]]や[[ヌーノ・ベッテンコート]]の使用で音質やデザインの確かさが再認識された。[[セイモア・ダンカン]]がダレルの為に開発した「ダイムバッカー」はビル・ローレンスのピックアップ・デザインの特徴を模倣し、踏襲した概観と構造を備えている。
 
1980年代初めから90年代半ばまで[[モリダイラ楽器]]の販売、[[モーリス楽器製造]]の製造で彼の名を冠したギターブランドが存在した。代表的なよく知られるモデルは[[森高千里木暮武彦]]モデル、([[木暮武彦|シャケ]]モデル)、[[五十嵐美貴]]([[SHOW-YA]])、[[奥井香]]、伊藤浩樹モデル([[ECHOES]])、[[はたけ]]モデル、[[森高千里]]などシグネチャモデルが殆どだった事と、比較的安価であったイメる。ヴィンテージが先行し、商業的フェンダー系の記号だけはあり成功はしかった(廉価版ブランドとして「Bill's Brothers」とうブラ、ビルローレドも存在したが、Bill Laurenceのピックアップは採用されていなを活した創作的モデルも多く存在し
シグネイチャーモデルの中でも木暮モデルは、当時日本一の記録的売り上げを誇ったものの、ブランドとしては当時大きな成功はしなかった(廉価版ブランドとして「Bill's Brothers」というブランドも存在したが、Bill Laurenceのピックアップは採用されていなかった)。
また、[[プリンス (ミュージシャン)|プリンス]]がプロモーションビデオで使用し有名になった同じモリダイラ楽器の[[椎野秀聰|H.S.Anderson]]の[[テレキャスター]]タイプギター「マッドキャット」<ref>{{Cite web |url= http://www.digimart.net/magazine/article/2015020401316.html |title= Far East “TELECASTER” 〜国産個性派テレキャスター・タイプ |accessdate= 2016年6月25日 |date= 2015年2月4日 |publisher= デジマート・マガジン}}</ref>(プリンス使用の物は輸出向けの[[ホーナー (企業)|ホーナー]]ブランド)もH.S.Anderson消滅後にBill Laurenceブランドで生産された。(のちに再度H.S.Andersonブランドにて限定再生産)
 
匿名利用者