「腹腔鏡手術」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
'''腹腔鏡手術'''(ふくくうきょうしゅじゅつ 英:Laparoscopic surgery)とは、[[内視鏡]]器具を体表[[皮膚]]より[[腹腔]]内へ挿入して行う[[手術]][[技法]]のこと。[[腹腔鏡]]<ref>[http://www.ladys-home.ne.jp/faqsite/ans-files/FAQ-A/FAQ-A8.html 腹腔鏡について教えて下さい]</ref>の下で行うので、腹腔鏡下手術とも呼ばれる<ref>[http://www.dr-tsutsumi.jp/endoscope/details/e_03.php 腹腔鏡下手術|腹腔鏡下手術論]</ref>とも呼ばれる
 
==概要==
同じ内視鏡でも、体のどの部位に入れるかによって、名前が変わる。例えば、[[胸]]に入れて、[[肺]]の手術をするときは「胸腔鏡(きょうくうきょう)下手術」、[[膝]]の[[関節]]などで手術するときは「関節鏡(かんせつきょう)下手術」という名前になる<ref>[http://www.rakuwa.or.jp/otowa/shinryoka/sanfujinka-fukkuukyou.html 腹腔鏡下手術とは]</ref>。<br>
腹腔鏡下手術は直径1cmほどのカメラを用いて行う<ref>[http://www.kobe-kaisei.org/shokai/shinryou/geka/404.html 手術について]</ref>ので、[[手術]]の際見える[[視野]]が限られている為、[[内臓脂肪]]が多かったり、胆嚢がんが疑われる場合、腹部手術の既往など[[癒着]]のはげしい場合は初めから[[開腹手術]]になったり、手術の途中から開腹手術に移行する場合もある。
[[腹部]]に3~15ミリ程度の穴を数か所開けて、そこから腹腔鏡や専用の手術[[器具]]を挿入し、[[モニター]]に映し出される腹腔内の様子を[[観察]]しながら手術を行う方法で、開腹手術よりも[[患者]]の[[肋骨]]を切断する必要も無く身体的負担が少なく、回復も早い反面、高度な[[技術]]が必要とされる。手術の種類にもよるが、高難度の腹腔鏡手術では、開腹手術を選んだ方が[[死亡率]]が低くなる可能性がある<ref>[http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG23H4K_T20C15A3000001/ 腔鏡の肝臓手術死亡率、保険適用外5倍 学会調査]日本経済新聞</ref>
 
腹腔鏡手術は開腹手術に比較し傷は小さく、美容面に優れるといった利点をもつ一方で、[[触覚]]の消失、[[深を直接掴んだ覚]]の消失<ref>触が伝わらないため過剰な力が加わって傷つけてしまう危険性や、平面ディスプレイに拡大された画面を見ながら行うので、遠近感が掴み難い</ref>など<ref>[http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/surg1.dir/html/shinryo/laparoscopy.html 腹腔鏡下手術]</ref>特殊な環境下で行う手術であるため技術的に難しく、[[合併症]]も開腹手術に比較しておこりやすい傾向にあるとの見方がある<ref>[http://www.nerima-hosp.or.jp/sanfujinka/index.html 婦人科腹腔鏡手術のご案内]</ref>。そのため、遠近感のない平面[[ディスプレイ]]の欠点を補うべく[[内視鏡手術]](腹腔鏡手術など)向けに[[3D]]対応[[内視鏡]]と3D[[ヘッドマウント]]・ディスプレイを用いる[[システム]]も開発されてきている<ref>[http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130724/293920/?ST=ndh 内視鏡手術向けに3Dヘッドマウント・ディスプレイを用いるシステムを発売]日経デジタルヘルス</ref>。
==開腹手術と腹腔鏡手術の死亡率の差==
手術の種類にもよるが、高難度の腹腔鏡手術では、開腹手術を選んだ方が[[死亡率]]が低くなる可能性がある<ref>[http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG23H4K_T20C15A3000001/ 腔鏡の肝臓手術死亡率、保険適用外5倍 学会調査]日本経済新聞</ref>。
 
==腹腔鏡手術はなぜ難しいか==
* [http://www.ichikawahigashi.com/geka.html 胃がんの腹腔鏡下手術はなぜ難しいか]
腹腔鏡手術は開腹手術に比較し傷は小さく、美容面に優れるといった利点をもつ一方で、[[触覚]]の消失、[[深部感覚]]の消失<ref>平面ディスプレイに拡大された画面を見ながら行うので、遠近感が掴み難い</ref>など<ref>[http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/surg1.dir/html/shinryo/laparoscopy.html 腹腔鏡下手術]</ref>特殊な環境下で行う手術であるため技術的に難しく、[[合併症]]も開腹手術に比較しておこりやすい傾向にあるとの見方がある<ref>[http://www.nerima-hosp.or.jp/sanfujinka/index.html 婦人科腹腔鏡手術のご案内]</ref>。
* 遠近感のない平面[[ディスプレイ]]の欠点を補うために、[[内視鏡手術]](腹腔鏡手術など)向けに[[3D]]対応[[内視鏡]]と3D[[ヘッドマウント]]・ディスプレイを用いる[[システム]]も開発されている<ref>[http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130724/293920/?ST=ndh 内視鏡手術向けに3Dヘッドマウント・ディスプレイを用いるシステムを発売]日経デジタルヘルス</ref>。
 
* 患部を掴んだ感触が伝わらないので、患部に過剰な力が加わって傷つける危険があったが、鉗子の抵抗を術者の手に伝える仕組みが開発されている。
 
== 関連項目 ==
28

回編集