「腹腔鏡手術」の版間の差分

[[腹部]]に3~15ミリ程度の穴を数か所開けて、そこから腹腔鏡や専用の手術[[器具]]を挿入し、[[モニター]]に映し出される腹腔内の様子を[[観察]]しながら手術を行う方法で、開腹手術よりも[[患者]]の[[肋骨]]を切断する必要も無く身体的負担が少なく、回復も早い反面、高度な[[技術]]が必要とされる。手術の種類にもよるが、高難度の腹腔鏡手術では、開腹手術を選んだ方が[[死亡率]]が低くなる可能性がある<ref>[http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG23H4K_T20C15A3000001/ 腔鏡の肝臓手術死亡率、保険適用外5倍 学会調査]日本経済新聞</ref>。
 
腹腔鏡手術は開腹手術に比較し傷は小さく、美容面に優れるといった利点をもつ一方で、患部直接掴んだ感が伝わないため過剰な力が加わって傷つけてしまう危険性ことや、平面ディスプレイに拡大された画面を見ながら行うので、遠近感が掴み難いなど<ref>[http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/surg1.dir/html/shinryo/laparoscopy.html 腹腔鏡下手術]</ref>特殊な環境下で行う手術であるため技術的に難しく、[[合併症]]も開腹手術に比較しておこりやすい傾向にあるとの見方がある<ref>[http://www.nerima-hosp.or.jp/sanfujinka/index.html 婦人科腹腔鏡手術のご案内]</ref>。そのため、遠近感のない平面[[ディスプレイ]]の欠点を補うべく[[内視鏡手術]](腹腔鏡手術など)向けに[[3D]]対応[[内視鏡]]と3D[[ヘッドマウント]]・ディスプレイを用いる[[システム]]も開発されてきている<ref>[http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130724/293920/?ST=ndh 内視鏡手術向けに3Dヘッドマウント・ディスプレイを用いるシステムを発売]日経デジタルヘルス</ref>。
 
== 関連項目 ==
28

回編集