「衛臻」の版間の差分

{{出典の明記|date=2019年4月}}
'''衛 臻'''(えい しん、生没年不詳)は、[[中国]][[後漢]]末期から[[三国時代 (中国)|三国時代]]の政治家。[[字]]は'''公振'''。[[兗州]][[陳留郡]]襄邑県([[河南省]][[スイ県|睢県]])の人。父は[[衛茲]]。子は衛烈・衛京・衛楷。孫は衛権。『[[三国志 (歴史書)|三国志]]』[[魏 (三国)|魏]]志に伝がある。
 
[[曹叡]](明帝)の時代には、康郷侯に爵位が進んだ。尚書僕射に移り官吏の登用を担当し、侍中の官位も再び加えられた。[[蒋済]]と人事について意見を交わした形跡がある。
 
鎮まり返っていた[[蜀漢]]が、[[諸葛亮]]を先頭に[[天水郡|天水]]に侵略([[北伐 (諸葛亮)|北伐]])してくると、衛臻は兵を派遣して糧道を断つよう進言した。さらに征蜀将軍・仮節[[都督]][[涼州]]諸軍事に任命され、[[長安]]に向かったが、長安に着いた頃に蜀軍が撤退したため、そのまま帰還した。衛臻は帰還すると元の職に復帰し、[[光禄大夫]]に任じられた。
 
曹叡が宮殿造営に熱中するようになると、衛臻は厳しくこれを諌めた。また、殿中監が勝手に蘭台令史を逮捕する事件が起きると、殿中監を厳しく追及し、曹叡の干渉にも毅然と反論した。