「世界ヘビー級王座 (WWE)」の版間の差分

→‎歴史: 誤字修正
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(→‎歴史: 誤字修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[2008年]]の[[レッスルマニアXXIV|WrestleMania XXIV]]ではテイカーが王者になるが、ヴィッキー・ゲレロGMの策略により王座を剥奪されてしまう。[[WWEワン・ナイト・スタンド#第4回大会(2008年)WWE One Night Stand 2008|One Night Stand 2008]]ではテイカーをTLC戦で下す。しかしながらRAWでバティスタに急襲された所で[[CMパンク]]にマネー・イン・ザ・バンクを行使され王座を失う。この時点でCMパンクがドラフトでRAW移籍のため、RAW管轄となる。[[アンフォーギヴェン#第9回大会(2008年)WWE Unforgiven 2008|Unforgiven 2008]]でパンクはオートンに襲われ試合を欠場、試合ではクリス・ジェリコが新王者になる。[[サイバー・サンデー#第3回大会(2008年)WWE Cyber Sunday 2008|Cyber Sunday 2008]]でオースチンが試合を裁くなか、バティスタが新王者になるも、すぐさまRAWでの試合でジェリコが王座を取り戻す。[[サバイバー・シリーズ#第22回大会(2008年)WWE Survivor Series 2008|Survivor Series 2008]]で復帰したシナがジェリコを破り新王者となった。
 
[[2009年]]の[[ノー・ウェイ・アウト#第11回大会(2009年)WWE No Way Out 2009|No Way Out 2009]]でのエリミネーション・チェンバー戦ではエッジが王座を獲得する。[[レッスルマニアXXV|WrestleMania XXV]]ではビッ・ショーとシナとの三つ巴でエッジは敗れシナが王者になるが、[[WWE・バックラッシュ#第11回大会(2009年)WWE Backlash 2009|Backlash 2009]]でのラストマン・スタンディング・マッチでビッ・ショーに介入されたシナが王座を失いエッジが奪還する。エッジがドラフトでSmack Down移籍のため、SmackDown!管轄となる。[[WWEエクストリーム・ルールズ#第1回大会(2009年)WWE Extreme Rules 2009|Extreme Rules 2009]]でのラダーマッチでジェフ・ハーディーが勝利するもパンクが再びマネー・イン・ザ・バンクで王者になる。[[WWEナイト・オブ・チャンピオンズ#第2回大会(2009年)WWE Night of Champions 2009|Night of Champions 2009]]でジェフが奪還するも、[[サマースラム#第22回大会(2009年)WWE SummerSlam 2009|SummerSlam 2009]]でのTLC戦でパンクがまたも王者となる。その後テイカーとの抗争の中[[WWEヘル・イン・ア・セル#第1回大会(2009年)WWE Hell in a Cell 2009|Hell in a Cell 2009]]でテイカーがパンクを破る。[[WWEエリミネーション・チェンバー#第1回大会(2010年)WWE Elimination Chamber 2010|Elimination Chamber 2010]]まで保持するが、ショーン・マイケルズの介入もありジェリコに王座が渡る。レッスルマニア
では防衛するもその週のスマックダウンで[[ジャック・スワガー]]にマネー・イン・ザ・バンクで王座を奪われる。[[WWEフェイタル・4ウェイ#第1回大会(2010年)WWE Fatal 4 Way 2010|Fatal 4 Way]]でミステリオが王者になる。[[WWEマネー・イン・ザ・バンク#第1回大会(2010年)WWE Money in the Bank 2010|Money in the Bank 2010]]ではケインが獲得したマネー・イン・ザ・バンクの権利を即行使し王者なる。[[WWE TLC:テーブルズ・ラダーズ・アンド・チェアーズ#第2回大会(2010年)WWE TLC:Tables, Ladders and Chairs 2010|TLC 2010]]ではエッジがTLC戦を制し王座を獲得した。
 
匿名利用者