「国道106号」の版間の差分

(→‎路線状況: 一つずつ表から分離していきます。)
宮古盛岡横断道路を構成する道路で、宮古市藤原から同市箱石に至る区間である(岩手県施行区間を除き33&nbsp;km)<ref name="jigyogaiyo2014">{{Cite web|url=http://www.thr.mlit.go.jp/sanriku/04_business/f-gyoumugaiyou.html|title=三陸国道事務所 平成26年度事業概要|accessdate=2014-11-15|publisher=国土交通省三陸国道事務所|deadlinkdate=2018-10-24}}</ref>。このうち起点側の宮古市藤原から同市根市までは宮古西道路として岩手県と国土交通省により自動車専用道路が整備されており([[#宮古西道路|後述]])、残る区間については復興支援道路として国土交通省が岩手県から権限代行を受けて下記の線形不良区間3箇所(計16&nbsp;km)について一般道の規格(第3種第2級)でバイパス整備が行われているが、本線部分は自動車専用道路規格(第1種第3級)を担保とした設計<ref>{{Cite web |date=2014-03 |url=http://www.thr.mlit.go.jp/road/kouji/kouji-tunnel/04_R106_sigeichi/houkoku.pdf |title=設計報告書 - 茂市トンネル |format=PDF |publisher=国土交通省東北地方整備局 |accessdate=2016-05-21 |deadlinkdate=2018-10-24}}</ref>となる予定。[[2013年]]に着工された。
 
* 起点 - 宮古市藤原3丁目
* 終点 - 宮古市根市第7地割
* 延長 - 7.320 km
* [[道路構造令|道路規格]] -
* 設計速度 -
* 茂市腹帯工区(約7&nbsp;km)
* 下川井工区(約2&nbsp;km)