「VMware」の版間の差分

288 バイト追加 、 10 か月前
現代のITシステム環境において、VMware製品群は非常に幅広い形で利用されている。[[オンプレミス]]だけでなくクラウドへの対応も進んでおり、VMware Cloud on [[AWS]]、VMware virtualization on Azure などを例として、パブリッククラウド上にVMware製品群を乗せた形でサービスとして利用することも可能に。クラウド・[[オンプレミス]]併用環境やマルチパブリッククラウド環境においても効率性や可用性、運用性、可搬性を確保することが容易となった。特定パブリッククラウドサービスの終了や障害、サービスや料金改定などへの対策やリスクヘッジを図ることもできる。また、[[Microsoft Azure]]などを例として、クラウドサービスの構築やサービスの提供にもVMware製品群が用いられている。
 
主要な製品としては、サーバー仮想化のvSphere、ストレージ仮想化のvSAN、ネットワーク仮想化のNSX、[[デスクトップ仮想化]]のHorizon、といった仮想化製品を筆頭に、運用管理製品のvRealize、デバイス管理/制御([[モバイルデバイス管理|MDM]])・統合ワークスペースの Workspace ONE(AirWatch・Identity Manager)など。
 
== 名称 ==
* [[2001年]] VMware ESX Server をリリース
* [[2003年]] 日本法人 ヴイエムウェア株式会社 設立
*[[2003年]] VMware NSX をリリース
* [[2006年]] VMware Infrastructure 3 をリリース、日本での設計支援サービス、運用支援サービス、問合せ対応サービス、教育サービス提供開始
* [[2007年]] 西日本オフィス設立
* [[2008年]] VMware ViewHorizon View(旧:VMware VDM)をリリース
* [[2009年]] VMware vSphere 4 をリリース
* [[2011年]] VMware vSphere 5 をリリース
* [[2012年]] VMware vCloud suite をリリース、中部オフィス・九州オフィス設立
* [[2013年]] VMware Horizon Suite をリリース、VMware Virtual SAN をリリース
* [[2014年]] AirWatch(Enpterprise Mobile Management 製品)を買収
* [[2015年]] VMware vSphere 6 をリリース
*[[2017年]] VMware Cloud on [[AWS]](VMC 提供開始、VMware Horizon Cloud on AWS)Microsoft Azure 提供開始
*[[2018年]] 日本での VMware Cloud on AWS 日本での提供開始(東京リージョン対応)、VMware Horizon Cloud on Microsoft Azure 日本での提供開始
 
==製品(一部)==
7

回編集