「国道414号」の版間の差分

+歴史
(+歴史)
** 新道 : なし<ref name="encho" /><ref group="注釈" name="encho" />
* 指定区間 : 伊豆市月ケ瀬字賤戸六十六番一から同市大平字畑八十番五まで(同市月ケ瀬字賤戸六十六番一から同市青羽根字中原百九十二番一を経て同市大平字畑八十番五までを除く。)([[伊豆縦貫自動車道]][[大平インターチェンジ (静岡県)|大平IC]] - [[月ケ瀬インターチェンジ|月ケ瀬IC]]間)
 
== 歴史 ==
伊豆半島の中央にある天城峠(標高830メートル)は、急峻な地形で伊豆半島を分断し、南伊豆を陸の孤島として分断してきた{{sfn|佐藤健太郎|2015|p=116}}。[[天城越え]]の下田路が整備されたのは江戸時代中期以降のことで、日米修好通商条約を結んだアメリカ総領事の[[タウンゼント・ハリス]]や、黒船に乗り込んで密航を企てた[[吉田松陰]]もこの道を通ったと記録されている{{sfn|佐藤健太郎|2015|p=116}}。
 
[[明治時代]]に入ると政府が地元の願いを受け入れて交通難所の[[天城越え]]のルートにトンネルを開削する工事に乗りだし、当時最高の土木技術と予算10万3000円を投じ、4年の工事期間を経て総石造りの[[天城山隧道]](旧天城トンネル)を[[1905年]](明治38年)に完成させた{{sfn|佐藤健太郎|2015|p=116}}。これによって三島・沼津から南伊豆への交通路である[[下田街道]](天城街道)が整備されると、伊豆半島の観光開発が進むにつれて交通量も増大した{{sfn|佐藤健太郎|2015|p=117}}。しだいに、幅4メートルと狭い旧天城トンネルでは交通量を支えきれなくなってきたことから、西側に並行して有料道路の新天城トンネルが開通し、下田街道のメインルートは新トンネルに移った{{sfn|佐藤健太郎|2015|p=117}}。
 
[[1978年]]([[昭和]]53年)に発生した[[伊豆大島近海地震]]で、天城峠の南面の崖のような地形で起こった地盤崩壊により、下田街道は大きな被害を受けている{{sfn|佐藤健太郎|2015|p=118}}。この震災によって新たな道路を建設する復旧工事では、崖に沿わずに狭いスペースで高度を稼ぐ2回転ループ橋である[[河津七滝ループ橋|七滝高架橋]]を完成させて、[[1981年]](昭和56年)に通行止めを解除させた{{sfn|佐藤健太郎|2015|p=118}}。
 
1981年(昭和56年)4月30日の一般国道の路線を指定する政令の一部改正が行われ、一般国道になることが決まると、翌[[1982年]](昭和57年)4月1日に県道から一般国道414号に昇格した{{sfn|佐藤健太郎|2015|p=119}}<ref> 昭和56年4月30日政令第153号「一般国道の路線を指定する政令」改正(昭和57年4月1日施行)</ref>。国道指定当初から旧天城トンネルも、有料の新天城トンネルとともに国道414号の一部として指定されていたが、[[2000年]]([[平成]]12年)に新天城トンネルは償還期限を迎えて無料開放された{{sfn|佐藤健太郎|2015|p=119}}。
 
== 路線状況 ==
== 参考文献 ==
* {{Cite book |和書 |author1=佐々木節|author2=石野哲也|author3=伊藤もずく|editor=松井謙介編|date=2015-09-30 |title=絶景ドライブ100選[新装版] |publisher=[[学研パブリッシング]] |series=GAKKEN MOOK|isbn=978-4-05-610907-8 |ref={{SfnRef|佐々木・石野・伊藤|2015}} }}
* {{Cite book |和書 |author=佐藤健太郎 |authorlink=佐藤健太郎 (フリーライター)|year=2014|title=ふしぎな国道|publisher=[[講談社]]|series=講談社現代新書|pages=34-35|isbn=978-4-06-288282-8|ref=harv}}
* {{citeCite book |和書 |author=「日本の道100選」研究会佐藤健太郎 |authorlink=佐藤健太郎 (フリーライター) |date=2015-11-25 |title=日本の100選〈新版〉|publisher=[[ぎょうせい新潮社]]|editor=国土交通省道路局(監修)|date=2002-06-20 |isbn=978-4-32410-06810339731-01 |ref=harv}}
* {{cite book |和書 |author=「日本の道100選」研究会|title=日本の道100選〈新版〉|publisher=[[ぎょうせい]]|editor=国土交通省道路局(監修)|date=2002-06-20|isbn=4-324-06810-0|ref=harv}}
 
== 関連項目 ==