「ダン池田」の版間の差分

→‎来歴・人物: 簡易の編集 リンクの追加
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(→‎来歴・人物: 簡易の編集 リンクの追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
中大在学中からプロのバンド活動を開始。その後、事務員を務めていた。
 
[[1969年]]、「[[ダン池田とニューブリード]]」を結成し、[[フジテレビジョン|フジテレビ]][[夜のヒットスタジオ]]のカラー放送開始と同時に専属のバンドとして番組に抜擢される。同番組は人気番組となり、ダン池田の知名度も上がった。
 
以後、夜ヒットと同じくフジテレビ系の[[オールスター家族対抗歌合戦]][[スターどっきり(秘)報告|スターどっきり{{MacJapanese|㊙}}報告]]『[[オールスター水泳大会]]』[[ズバリ!当てましょう]](第2期のステレオ放送開始以降)、[[日本放送協会|NHK]]の[[ひるのプレゼント]]など主にフジテレビ・NHKの音楽番組を中心に活躍(フジテレビとの専属契約のため紅白を除き、[[TBS]][[ザ・ベストテン]]等には出演していない)。
 
[[NHK紅白歌合戦]]』(NHK)では[[1972年]]~[[1984年]]まで13年間の長期間に渡り指揮者を務めた(尚、[[1974年]]のみは[[原信夫]]とシャープス&フラッツが演奏を担当したため、10回紅組の指揮を担当した。1983年から紅白でバンドが分かれなくなり1983年・1984年は両軍の演奏を担当した)。
 
[[1985年]][[3月25日]]に月曜日放送の1時間版の夜のヒットスタジオが最終回を迎え16年目に降板。
 
1985年3月31日、ニューブリードのバンドマスターを交代。
 
1985年4月以降は契約の残っているバンドの仕事など他番組の活動は継続した。
同年[[11月|11月12日]]に『芸能界本日モ反省ノ色ナシ』(第1弾・第2弾)という書籍を[[はまの出版]]から出版。本書は自身の1年間分の日記をまとめたものだが、70万部を売り上げる[[ベストセラー]]になった。しかし本書のタイトルに見て取れる通り、芸能界に対して辛辣な表現やタレントへの痛烈批判もあったことから[[暴露本]]と騒がれ、この影響によりニューブリードのバンドマスターを継続するのが困難と判断し、元[[ブルーコメッツ]]の[[小田啓義]]に交代した。同バンドは、さらに同じくブルーコメッツの[[三原綱木]]にバンドマスターを交代した際、「ザ・ニューブリード」に名称を変更、現在その後[[NHK歌謡コンサート]]NHK紅白歌合戦」、[[NHKのど自慢]]#チャンピオン大会|NHKのど自慢チャンピオン大会]]』などで活躍中であるした
 
晩年の池田には書籍の出版の影響からか、単発での仕事をこなす位になってしまう。自身で芸能事務所を設立してデュオの演歌歌手をデビューさせたものの、売り出しは失敗に終わってしまい、この後は表舞台に出る機会が減っていった。
 
[[1990年代]]以降は昔を懐かしむ映像で夜のヒットスタジオ出演時の活躍ぶりが流れたり、単発で[[あの人は今!?]]』([[日本テレビ放送網|日本テレビ]])等の番組に出演したりした以外、ダン池田の姿や活躍していた頃の映像を見る機会がなくなってしまう。
 
[[1997年]]当時、埼玉県で開業した「ダン池田の店」でマスターをつとめていた。
匿名利用者