「伊東祐保」の版間の差分

→‎略歴:  家紋
(→‎略歴:  家紋)
[[佐賀県]]出身。[[攻玉社中学校・高等学校|攻玉社]]を経て明治19年([[1886年]])[[海軍兵学校 (日本)|海軍兵学校]]に進み、明治23年([[1890年]])卒業([[海軍兵学校卒業生一覧 (日本)#17期|17期]])。同期に[[秋山真之]]、[[山路一善]]、[[森山慶三郎]]らがいる。
 
海軍[[少尉]]に任官後、[[日清戦争]]に参戦。[[威海市|威海衛]]で行われた世界初の水雷夜襲実施の際は、占領した砲台に赴き港内偵察にあたった<ref>『二十七八海戦史 第2冊(下巻)』第十章第二節</ref><ref>[[伊藤正徳 (軍事評論家)|伊藤正徳]]の著作では、祐保少尉が夜襲に同行していたとある。ただし祐保少尉が連合艦隊司令長官・[[伊東祐亨]]の長男としており、真偽不明。同姓に加え家紋も同じ庵木瓜である。(『大海軍を想う』p110)</ref>。[[日露戦争]]にも参戦し「[[亜米利加丸]]」航海長として、後に[[バルチック艦隊]]が集結した[[カムラン湾]]を視察し<ref>この記述はアジア歴史資料センターの資料に基づく。</ref>、同職のまま[[日本海海戦]]に参戦した。明治40年([[1907年]])[[中佐]]へ進級。大正2年([[1913年]])12月1日[[大佐]]進級と同時に[[軍令部]]参謀兼[[海軍省#軍務局|軍務局]]員に補され、次いで「[[高千穂 (防護巡洋艦)|高千穂]]」艦長として[[第一次世界大戦]]に参戦。[[青島の戦い]]において戦死した。
 
=== 高千穂 ===
匿名利用者