「王位継承」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
英語のheir apparentは日本語訳では法定相続人<ref name="Marine">{{Cite web |author1=木宮 直仁|author2=平川 博|url=https://oacis.repo.nii.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=repository_action_common_download&item_id=470&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1&page_id=13&block_id=21|title=商事法和英辞典編纂資料(抜粋)― その6 ―|publisher=東京海洋大学|accessdate=2018-07-17}}</ref>あるいは法定推定相続人と訳される。この地位は現在の君主あるいは有爵者より長生きすれば、その君主位または爵位を継承して次代の君主あるいは有爵者となる者をいう。なお、法定相続人の語は君主の継承に関するheir apparentだけでなく、相続一般におけるlegal heirの訳にも用いられるため区別を要する<ref name="Marine" />。
 
君主の法定推定相続人には専用の称号を設けている場合が多い。具体的な例として、[[イギリス]]における[[プリンス・オブ・ウェールズ|ウェールズ公]]、[[オランダ]]における[[オラニエ公]]、[[スペイン]]における[[アストゥリアス公]]、[[ベルギー]]における[[ブラバント公]]、[[日本]]における[[皇太子]]、[[スカンディナヴィア|スカンディナヴィア諸国]]における王太子、[[ルクセンブルク]]における[[エルププリンツ|大公世子]]や[[リヒテンシュタイン]]・[[モナコ]]における[[エルププリンツ|公世子]]などがある。また[[イギリスの貴族制度]]では、爵位の法定推定相続人は他の兄弟とは別の[[儀礼称号]]で称される権利を持ち、フランスやドイツにおいても法定推定相続人に一定の称号が付されることがあった(⇒[[ドーファン]])。
 
{| class="wikitable sortable"
|-
|{{Display none|ニホン}}{{JPN}}
|[[File:Crown Prince Naruhitoand Princess Akishino during their visit to México City (2014) (2018cropped).jpg|60px]]
|{{Display none|ナルフミヒト}}[[皇太子徳秋篠宮文仁親王|仁親王]]
|{{生年月日と年齢|19601965|211|2330}}
|同母弟
|長子
|2019年5月1日~
|1989年1月7日~2019年4月30日
|-
|{{LIE}}