「疑問詞」の版間の差分

編集の要約なし
m (interlang)
'''疑問詞'''(ぎもんし)は疑問の意を表す言葉である。[[品詞|8品詞]]という分類には含まれない。疑問代名詞、疑問形容詞、疑問副詞の3つに分類される。疑問詞は[[疑問文]]を作るのに用いられる。また疑問詞が名詞節を導く場合もあり、こうした文は間接疑問文と呼ばれる。間接疑問文は「?」ではなく「.」で終わる。[[to不定詞]]の前に疑問詞を付けて用いることもある。疑問詞付きto不定詞は名詞的用法のみを持つ
 
==疑問代名詞英語の例==
[[英語]]などでは、疑問代名詞、疑問形容詞、疑問副詞の3つに分類される。疑問詞は[[疑問文]]を作るのに用いられる。また疑問詞が名詞節を導く場合もあり、こうした文は間接疑問文と呼ばれる。間接疑問文は「?」ではなく「.」で終わる。[[to不定詞]]の前に疑問詞を付けて用いることもある。疑問詞付きto不定詞は名詞的用法のみを持つ。
 
英語も含め、疑問詞が必ず文頭に来る規則([[wh-移動]])を持つ言語が多くみられる。
===疑問代名詞===
[[代名詞]]として用いられる。what,which,whoの3つがある。
 
===疑問形容詞===
[[形容詞]]として用いられ、[[名詞]]を修飾する。what,which,whoseの3つがある。
 
===疑問副詞===
[[副詞]]として用いられ、[[動詞]]などを修飾する。when,where,why,howの4つがある。howはhow many,how much,how long,how oldのように[[形容詞]]や[[副詞]]を伴って用いられることもある。
 
匿名利用者