「東京大学大学院農学生命科学研究科附属生態調和農学機構」の版間の差分

編集の要約なし
 
2019年4月現在、西東京フィールドでは、東京都による都市計画道路の建設と並行して、キャンパスの再整備が進みつつある。2019年から新しい本館となる総合研究実験棟の建設が始まる<ref>[http://www.isas.a.u-tokyo.ac.jp/director/index.html 機構長から - 東大生態調和農学機構 2019.4.1] 2019.5.4閲覧</ref>。
 
== 活動領域 ==
*情報・社会研究領域
:農林業と社会の関係性を、食品安全、環境保全、景観形成などの観点から究明する。農業環境・情報工学、地域環境工学・計画学などの学問分野に基礎を置く。
*農林生態系研究領域
:生態系サービスを人類が持続的に享受する見地から、農林生態系の評価法や管理手法を究明する。環境農学、森林科学、昆虫科学などの学問分野に基礎を置く。
*生物・物質循環研究領域
:さまざまなスケールの物質循環を対象として、農林業と環境をめぐる生物の機能と物質の挙動を究明する。作物生産科学、園芸科学、ランドスケープ科学などの学問分野に基礎を置く。
 
== 西東京フィールド 耕地・緑地(旧農場) ==
匿名利用者