「クアルコム」の版間の差分

クアルコム対アップルの特許侵害訴訟の和解
(座標)
(クアルコム対アップルの特許侵害訴訟の和解)
 
2017年11月、[[ブロードコム]]は1030億ドルでクアルコム株を70%取得する計画を発表していた。クアルコムはこれを拒否、一方、ブロードコムは取得株を70%から82%と引き上げた。ブロードコムの買収額は1170億ドルまで引き上げられた。本件に関し、[[対米外国投資委員会]]が調査を開始した。ブロードコムは、重大な国家安全保障に関する資産を海外企業には売却しないとの声明を出したが、[[ドナルド・トランプ|トランプ]]大統領は、シンガポール拠点のブロードコムによるクアルコム買収は、米国の移動通信産業を衰退させ安全保障上に懸念があると判断し、買収をブロックする署名にサイン、ブロードコムは買収を断念した<ref>[https://www.reuters.com/article/us-qualcomm-m-a-broadcom-timeline/timeline-broadcom-qualcomm-saga-comes-to-an-abrupt-end-idUSKCN1GQ22N Timeline: Broadcom-Qualcomm saga comes to an abrupt end] Reuters 2018年3月14日</ref>。
 
2019年4月、クアルコムは[[アップル (企業)|アップル]]とのロイヤルティ支払いを巡る法廷紛争で和解した。アップルはクアルコムに次四半期中に最大47億ドルを支払う<ref>[https://www.ft.com/content/9a831cf2-6c49-11e9-80c7-60ee53e6681d Qualcomm outlines $4.7bn revenue boost from Apple settlement] Financial Times 2019年5月2日</ref>。
 
== 関連項目 ==