「呂範」の版間の差分

編集の要約なし
m
関羽を破って間も無く、孫権は[[鄂城区|武昌]]に遷都し、呂範を建威将軍・宛陵侯・丹陽太守に任命し、建業に役所を置かせ、扶州から海までの地域の指揮を任せた。奉邑も以前のものは召し上げ、代わりに溧陽・懐安・寧国を与えた。
 
[[222年]]に[[濡須口の戦い|魏が三路から侵攻してきた]]際には、孫権は呂範らに五軍(2~3万人)を督いさせて水軍にて曹休らを拒がせ、[[徐盛]]・[[全琮]]・[[孫韶]]らを率いて洞口で[[魏 (三国)|魏]]の[[曹休]]・[[張遼]]・[[臧覇]]らと対峙した。[[前将軍]]に昇進し、仮節を与えられ、さらに[[南昌]]侯に改封された。しかし、船団が暴風雨に襲われ、長江に臨み、夜に大風となって呂範らの船が北岸に漂至した。呂範の水軍は突風に遭って混乱したところを襲われて魏将らは呂範を破ったが、数千人が戦死·溺死した。呂範が曹休と戦っている間、孫朗は呂範の命に背いて火を用い、軍用資材を焼失する失策を犯す。軍事力を立て直すことができない、江南に退守した(洞口の戦い)。洞口で曹休と戦った後、[[揚州 (古代)|揚州]]牧も拝領した。
 
[[228年]]に[[大司馬]]に昇進するも、印綬の授与を待たずして死去した。孫権は哭礼し、印綬を遺族の元に追贈した。さらに、都が建業に戻った後に呂範の墓を訪れ、字で呼びかけると涙を流しつつ追悼したという。長子は早くに亡くなっており、次子の呂拠が跡を継いだ。
若い孫権は金欲しさでたびたび公費を使い込んでは、周谷が帳簿をごまかしてやっていた。孫策はあるとき、呂範に会計事務の仕事を任せることになった。孫権は度々呂範に金の無心をしたが、呂範は必ず孫策の許可を求め、孫権には好き勝手に金を使わせなかったと言う。孫権はこのことから初め呂範を嫌っていたが、後に孫権が当主となると、呂範の節度を大いに褒めて信任したという。逆に、当時孫権のために帳簿を書き換えしていた人物は、その当時こそ孫権に気に入られたものの、後に「勝手に帳簿を書き換える人間など信用できない」ということであまり重く用いられなかった。忠実さを評価されて、信任される理由の一つとなった。
 
孫権は都を建業に戻して、文武大会が行われたときのこと、[[厳シュン|厳畯]]は、孫権が魯粛と呂範を実質以上の評価をし過ぎるのではないかと、納得できないと漏らしたことがあったので、孫権は呂範について、「奢侈を好む性格ではあったが、他の軍務に悪影響あったわけではなく、みずから軍を編成し、本来の職務も慎み励み、忠誠心にあつく清潔でまっすぐ、公への配慮があった。そこが吳漢に似ている」といった。厳畯はこれを聞いて納得した。孫権が厳畯と討論した際、呂範を光武帝の功臣の呉漢に準えている(『江表伝』)。
 
あるひとが「呂範と賀斉は奢侈で、服飾は帝王を僭擬してる」という。孫権「昔、管仲の礼を越える事を桓公は優遇してこれを容認したが、覇業を損いはしなかった。今、子衡・公苗の身には夷吾の過失は無く、ただその器械の精なるを好み、舟車を厳整しているだけだ。どちらも軍容を立派にするもの。どうしてダメなのかね」と。告げた者は再びは言おうとしなかった。 (『江表伝』)
匿名利用者