「東京大学大学院農学生命科学研究科附属生態調和農学機構」の版間の差分

編集の要約なし
|Wikify=2019年4月28日 (日) 03:27 (UTC)
}}
'''東京大学大学院農学生命科学研究科附属生態調和農学機構'''(とうきょうだいがくふぞくりょだいがいんのうがくせいめいかがくけんきゅうかふぞくせいたいちょうわのうがくきこう、Institute for Sustainable Agro-ecosystem Services)は、[[東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部|東京大学大学院農学生命科学研究科]]附属の教育研究組織で、[[東京都]][[西東京市]][[緑町]]一丁目1番1号に所在し、田無演習林を含めて30ヘクタール以上の面積に耕地、林地、温室、見本園などの研究教育施設を所有する。[[2010年]]4月1日に農場と緑地植物実験所(検見川キャンパス)を統合し、演習林田無試験地の教育研究機能を組み入れて誕生した<ref>[https://www.a.u-tokyo.ac.jp/institute/nougakukikou.html 生態調和農学機構 <nowiki>|</nowiki> 東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部]</ref>。
 
== 概要 ==
樹木園は1965年に園芸用の実験ステーションとして設立され、庭や風景の植物を集めて研究し、それらの栽培、育種、利用のための技術を開発した。1975年からは環境保護における緑地景観植物の重要性を反映するために造園のための植物の実験ステーションへと発展。1989年に現在の名前になった。
 
樹木園は47,031㎡の広さで、約350400[[種 (分類学)|種]](500(600品種)の木本植物と花を含み<ref>[http://utf.u-tokyo.ac.jp/2010/08/post-8d92.html 生態調和農学機構緑地植物実験地にて花蓮特別見学会を開催しました。|東京大学基金] 2010年08月12日、2019年5月5日閲覧。</ref>、優れた[[ツバキ|ツバキの]]コレクション(130品種)、[[サザンカ|ツバキ]](30品種)、および開花蓮(250品種の[[ハス]]とNelumbo lutea)[[キバナハス]])また、水生植物種、芝生草の種類、およびハーブ、ならびに一般樹木園、および2つの[[温室]]がある。
 
== 脚注 ==
匿名利用者