「東京大学大学院農学生命科学研究科附属生態調和農学機構」の版間の差分

* 10名以上の団体の場合は事前に許可が必要。
 
== 移転統合前の緑地植物実験所 ==<!--
沿革が不明のため、英語版から逆輸入。ご存知の方は出典の記載をお願いします。-->
通称'''検見川植物園'''。[[千葉県]][[千葉市]][[花見川区]]秦町1051に所在した。[[東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部|東京大学農学部]]が運営。
 
[[1954年]]、造園用および観賞用植物の収集、栽培、繁殖、利用に関する技術の教育と研究を目的として、学生部管轄の園芸[[農業試験場|実験所]]発足<ref>[https://www.a.u-tokyo.ac.jp/history/history4.html 東大農学部の歴史 - 農学部の復興と整備 - 東京大学農学部]</ref>。[[1965年]]、正式に農学部の附属施設となる。その後、[[環境問題]]への関心とともに緑地植物やその生育する空間を[[環境問題|環境保護]]へ利用しようという考えが現れ<ref name="home97">[http://papilio.ab.a.u-tokyo.ac.jp/eslp/home97/gaiyou.htm General Information] 2019年5月5日。</ref>、[[1975年]]緑地植物実験所と改称。
[[1965年]]に園芸[[農業試験場|試験場]]として設立。園芸植物や緑地植物の収集と研究を行い、それらを栽培、量産、活用するための技術を開発してきた。[[1975年]]には[[環境問題]]における緑地植物の役割とはたらきを解明するための植物園となる。[[1989年]]、名称が緑地植物実験所となる。
 
敷地面積47,031㎡<ref name="home97"/>約400[[種 (分類学)|木本植物]](600は約400種600品種)の木本植物と花を含み<ref>[http://utf.u-tokyo.ac.jp/2010/08/post-8d92.html 生態調和農学機構緑地植物実験地にて花蓮特別見学会を開催しました。|東京大学基金] 2010年08月12日、2019年5月5日閲覧。</ref>、優れた(うち[[ツバキ]]のコレクション(130、約120品種)、[[サザンカ草本植物]](30は約100種350品種)、および(うち花ハス(250、約250品種の[[ハス]]と[[キバナハス]]また、水が群植物種している。大温室芝生草の種類、および[[ハーブ]]、ならびに一般樹木園、および2つの[[温室]]がある2棟、実験圃場を有していた
 
== 脚注 ==
匿名利用者