「ヴィットリオ・グイ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
}}
{{Portal|クラシック音楽}}
'''ヴィットリオ・グイ'''('''Vittorio Gui''', [[1885年]][[9月14日]] - [[1975年]][[10月17日]])は、[[イタリア]]の[[指揮者]]。<ref>[{{Cite web|title=Vittorio Gui (Conductor, Composer, Arranger)|url=http://www.bach-cantatas.com/Bio/Gui-Vittorio.htm]|accessdate=2013-03-06|archiveurl=http://archive.is/QjUJh|archivedate=2013-03-06}}</ref>
 
 1885年、[[ローマ]]生まれ。[[ローマ大学]]で文学を学んだ後、[[1906年]]に[[サンタ・チェチーリア国立アカデミア]]でジャコモ・セタッチョリとスタニスラオ・ファルキの下で作曲を学び、ディプロマを取得し、その翌年にローマの[[アドリアーノ劇場]]で[[アミルカレ・ポンキエッリ|ポンキエッリ]]の《[[ジョコンダ]]》を演奏して指揮者としてデビューを飾った。これが契機となって、ナポリとトリノで指揮をすることとなる。[[1912年]]、[[ナポリ]]の[[サン・カルロ劇場]]の首席指揮者になり、イタリア各地の歌劇場に客演していた。
== 経歴 ==
 1885年、[[ローマ]]生まれ。[[ローマ大学]]で文学を学んだ後、[[1906年]]に[[サンタ・チェチーリア国立アカデミア]]で作曲のディプロマを取得し、その翌年にローマの[[アドリアーノ劇場]]で[[アミルカレ・ポンキエッリ|ポンキエッリ]]の《[[ジョコンダ]]》を演奏してデビューを飾りった。これが契機となって、ナポリとトリノで指揮をすることとなる。[[1912年]]、[[ナポリ]]の[[サン・カルロ劇場]]の首席指揮者になり、イタリア各地の歌劇場に客演していた。
 
[[1928年]]に創設されたばかりのフィレンツェ市立管弦楽団(現[[フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団]])の音楽監督を任された。[[1933年]]には、このオーケストラのコンサートを[[フィレンツェ五月音楽祭]]へと発展させた。戦後、[[フィレンツェ]]を本拠地として活発な活動を展開していたが、[[1952年]]から[[1964年]]まで[[グラインドボーン音楽祭]]の音楽監督と芸術顧問に就任した。死ぬ直前まで指揮活動が衰えることはなかった<ref>[{{Cite web|title=Vittorio Gui: The Last Concert )|url=http://www.musicweb-international.com/classRev/2005/Aug05/Gui_5046712012.htm]|accessdate=2013-04-27|archiveurl=http://archive.is/obZb0|archivedate=2013-04-27}}</ref>が、フィレンツェで死去した。
 
==脚注==
<references />
{{グラインドボーン音楽祭音楽監督}}{{DEFAULTSORT:くい ういつとりお}}[[Category:イタリアの指揮者]][[Category:サンタ・チェチーリア国立アカデミア出身の人物]][[Category:ローマ出身の人物]][[Category:1885年生]][[Category:1975年没]]{{Musician-substub}}{{Normdaten}}
{{グラインドボーン音楽祭音楽監督}}
{{DEFAULTSORT:くい ういつとりお}}
[[Category:イタリアの指揮者]]
[[Category:サンタ・チェチーリア国立アカデミア出身の人物]]
[[Category:ローマ出身の人物]]
[[Category:1885年生]]
[[Category:1975年没]]
{{Musician-substub}}{{Normdaten}}