「2進接頭辞」の版間の差分

→‎経緯: 理解できない人がいるようなので具体的に説明をした
(→‎経緯: 意味不明の記述を除去)
(→‎経緯: 理解できない人がいるようなので具体的に説明をした)
 
== 経緯 ==
[[コンピュータ|デジタルコンピュータ]]が扱う[[データ]]の大きさを表す単位([[ビット]]、[[バイト (情報)|バイト]]や[[8ビット|オクテット]])に付す接頭辞などとして使われることが専らであるが、通常の「キロ」などと同様に、物理量などの単位に対して単に倍率を表すのにすぎないのであるから、たとえば1024グラムのことを「1キビグラム」とするような用法も、意味的には全く問題は無い
 
2進接頭辞の名称に、[[SI接頭辞]]に由来するキロ、メガ、ギガ等を誤差を無視して流用する[[習慣|慣習]]があるが、俗習であり、[[国際度量衡総会]] (CGPM) で決定されたSI接頭辞は10の整数乗を表しSI接頭辞が2の冪乗を表すことはない。