「マンシ人」の版間の差分

[[2010年]]の国勢調査によると、12,269人のマンシ人がロシア国内に居住している。
 
== 起源・歴史 ==
[[File:IstSib008 1.jpg|thumb|イェルマークに貢物を運ぶヴォグル族]]
マンシ人の祖先はハンティ人の祖先と同祖であり、[[ウラル山脈]]の西側に居住していた<ref name="Red Book">{{cite web|title=The Mansis|work=The Peoples of the Red Book|url= http://www.eki.ee/books/redbook/mansis.shtml|place=EE|publisher=EKI|accessdate=2015/5/4}}</ref>。[[ペルミ]]近郊でマンシ人の遺跡が発掘されている<ref name="Red Book"/>。
 
そして、[[紀元前10世紀]]以降に[[西シベリア平原]]に移住し、その土地の民と同化していったと言われる<ref name="Red Book"/>。一方、他の文献によると、紀元500年頃に、南にある[[ウラル・ステップ]]から現在の位置にやってきたとされる<ref>{{cite web|title=Khanty & Mansi|work=Encyclopædia Britannica|url= http://www.britannica.com/EBchecked/topic/316322/Khanty-and-Mansi#ref272005|accessdate=2015/5/4}}</ref>。鉄器時代以降[[紀元1世紀]]頃に分かれたとされる
 
古くは騎馬文化を持っていたようであるが、[[シベリア]]の環境への適応から、[[狩猟]]・[[漁猟]]・[[トナカイ]]飼育の生活を導入するようになった。[[10世紀頃]]には[[ロシア人]]との接触をはじめ、11世紀までには定期的な交易を行っていた。[[モンゴル帝国]]の拡大にともない服属し、[[西シベリア汗国]]に含まれた。その後、[[ロシア帝国]]の[[ピョートル1世|ピョートル大帝]]によるシベリア征服で、[[イェルマーク]]によって西シベリア平原がロシア帝国による支配を受けた。
マンシ人は[[イェルマーク]]によって西シベリア平原が[[ロシア]]の支配下におかれるようになった16世紀には遅くとも同国との接触をしていた。ロシア及び[[ソビエト連邦]]政府との接触が多かったため、マンシ人は北方の[[ハンティ人]]に較べると、ロシア人との同化が全般的により進んでいる。
 
マンシ人は遅くとも[[イェルマーク16世紀]]によって西シベリア平原が[[ロシア]]の支配下におかれるようになった16世紀には遅くとも同国との接触をしていた。ロシア及び[[ソビエト連邦]]政府との接触が多かったため、マンシ人は方の[[ハンティ人]]に較べると、ロシア人との同化が全般的により進んでいる。
1960年代、[[ハンティ・マンシ自治管区・ユグラ]]で[[石油]]開発が始まると、[[第二次世界大戦]]以降では[[ソビエト連邦]]史上最大規模の内地強制移住が行われた。この結果、マンシ人・ハンティ人の少数民族化が進み、今日では自治管区の人口に彼らが占める割合は僅か1%強と言われる{{要出典|date=2015年6月}}。
 
1960年代、[[ハンティ・マンシ自治管区・ユグラ]]で[[石油]]開発が始まると、[[第二次世界大戦]]以降では[[ソビエト連邦]]史上最大規模の内地強制移住が行われた。この結果、マンシ人・ハンティ人の少数民族化が進み、今日では自治管区の人口に彼らが占める割合はわずか1%強と言われる{{要出典|date=2015年6月}}。
 
他の北方民族の多くと同様、ソビエト連邦はマンシ人にも「国民文学」を作るように要求し、主に[[ウラジーミル・レーニン|レーニン革命]]によってもたらされた啓蒙と進歩を称揚する作品が作られた。この分野における最も著名な作家として、{{仮リンク|ユーヴァン・シェスタロフ|en|Yuvan Shestalov}}がいるが、ソヴィエト連邦崩壊後には、彼はシャーマニズムに転向し、マンシ人は[[シュメール]]の末裔であると主張するようになった{{要出典|date=2015年6月}}。
15,182

回編集