メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
 
== 日本での発行及び配信 ==
ウォール・ストリート・ジャーナル[[東京]]支局が、[[東京都]][[千代田区]]のダウ・ジョーンズ日本支社内に置かれている。東京支局長は[[ピーター・ランダース]]。ウォール・ストリート・ジャーナル日本版の編集長は西山誠慈である。
 
===印刷版===
 
=== オンライン版(日本語版) ===
[[2009年]]12月15日に、アメリカ版やアジア版の記事を日本語に翻訳した記事と、日本版独自の記事からなる有料の[[日本語]][[ウェブサイト]]『ウォール・ストリート・ジャーナル日本版』が開設された<ref>{{Cite web|url=http://www.sbigroup.co.jp/news/2009/1215_2873.html|title=「ウォール・ストリート・ジャーナル日本版」サイトオープンのお知らせ|publisher=SBIホールディングス|accessdate=2009-12-15}}</ref>。
 
初代編集長には、[[2003年]]からウォール・ストリート・ジャーナル日本支局長を務めていた[[小野由美子]]が就任した<ref name="notonlybusiness">[http://jp.wsj.com/sp/introduction/09/index.html 小野由美子 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版編集長] 日本版編集長が語るWSJの読み方 第9回 ビジネスだけじゃない! -WSJ独自の文化への眼差し、平成23年12月27日閲覧</ref>。2014年12月より、[[ロイター]]にて金融市場、経済政策、政治、外交などを担当していた西山誠慈が2代目の編集長に就任した。
 
『ウォール・ストリート・ジャーナル日本版』の有料購読者は、日本語版と併せてアメリカ版、アジア版、ヨーロッパ各版(英語)、[[スペイン語]]版や[[中国語]]版のみならず、「Barron's」や「Marketwatch」(英語版)の抜粋版なども追加料金なしで購読することができる。また、別料金で印刷版(アジア版)を定期購読することも可能である。
 
ウェブ版、印刷版ともにウェブサイトやモバイルサイト、[[iPad]]、[[iPhone]]、[[Android]]など各アプリ経由で購読の契約ができ、学生向け割引などもある。また、公式[[Facebook]]、[[Twitter]]、[[LINE]]ページなどを通じて、無料記事を読むこともできる。
== 外部リンク ==
{{Commonscat|The Wall Street Journal}}
* [https://jp.wsj.com/ ウォール・ストリート・ジャーナル日本版]{{ja icon}}
* [https://www.facebook.com/japanwsj?fref=ts ウォール・ストリート・ジャーナル日本版フェイスブック]{{ja icon}}
* [https://www.wsj.com/ The Wall Street Journal]{{en icon}}
 
55

回編集