「山木兼隆」の版間の差分

[[治承]]4年(1180年)8月、頼朝は[[以仁王]]の[[令旨]]を受け挙兵、兼隆の館を急襲する。[[三島大社]]の祭礼のために郎党の多くが留守だったため兼隆は満足に戦うことができず、[[加藤景廉]]によって討たれた([[石橋山の戦い#山木館襲撃|山木館襲撃]])<ref>この頼朝の挙兵は本来は自らに近い[[源頼政|頼政系]]の源氏が伊豆からいなくなってしまったため[[工藤茂光]]が急遽頼朝を代理の旗頭に仕立て上げたとの説もある([[永井晋]]『鎌倉源氏三代記ー一門重臣と源家将軍』([[吉川弘文館]]、[[2010年]]))。</ref>。
 
異説では、兼隆は'''基饒'''という法名をもち、その子孫は[[武蔵国]][[秩父郡]]に逃れて、'''八巻氏'''と称して[[甲斐国]]の[[武田氏]]、[[常陸国]]の[[佐竹氏]]、[[越後国]]の[[上杉氏]]、[[陸奥国]]の[[伊達氏]]に仕えたという{{要出典|date=2019年5月}}。
 
== 脚注 ==
15,182

回編集