「山木兼隆」の版間の差分

編集の要約なし
{{出典の明記|date=2019-05-09}}
{{基礎情報 武士
| 氏名 = 山木兼隆
| 画像 =
| 画像サイズ =
| 画像説明 =
| 時代 = [[平安時代]]末期
| 生誕 = 不明
| 死没 = [[治承]]4年[[8月17日 (旧暦)|8月17日]]([[1180年]][[9月8日]])
| 改名 = 基饒(法名)(『八牧系図』){{要出典|date=2019年5月}}
| 別名 = 大掾兼隆、関兼隆
| 諡号 =
| 神号 =
| 戒名 =
| 霊名 =
| 墓所 =
| 官位 =
| 幕府 =
| 主君 =
| 藩 =
| 氏族 = [[平氏|桓武平氏]][[大掾氏]]流
| 父母 = 父:[[平信兼]]
| 兄弟 = '''兼隆'''、[[平兼衡|兼衡]]、[[平信衡|信衡]]、[[平兼時|兼時]]
| 妻 =
| 子 = [[山木兼光]]、[[山木兼盛]]
| 特記事項 = 異説に'''八巻氏'''の祖という(『八牧系図』){{要出典|date=2019年5月}}。
}}
'''山木 兼隆'''(やまき かねたか、生年不詳 - [[治承]]4年[[8月17日 (旧暦)|8月17日]]([[1180年]][[9月8日]]))は、[[平安時代]]末期の武将。'''平兼隆'''(たいら の かねたか)または'''大掾兼隆'''(だいじょう かねたか)ともいう。[[桓武平氏]][[大掾氏]]の庶流[[和泉国|和泉]][[国司|守]]・[[平信兼]]の子<ref>『[[吾妻鏡]]』では、[[伊勢平氏]][[平維衡]]の末裔だと記されている。</ref>。
 
15,182

回編集