「山木兼隆」の版間の差分

これで、締め括ります。
(これで、締め括ります。)
| 画像 =
| 画像サイズ =
 
| 画像説明 =
| 時代 = [[平安時代]]末期
| 生誕 = 不明
| 死没 = [[治承]]4年[[8月17日 (旧暦)|8月17日]]([[1180年]][[9月8日]])
| 改名 = 基饒(法名)<ref name="yamaki">{{Cite book|和書|title=八巻一族の八百年の歴史(八巻俊雄))|date=|year=2009|publisher=八巻同族会|page=}}</ref>
| 改名 = 基饒(法名)(『八牧系図』){{要出典|date=2019年5月}}
| 別名 = 大掾兼隆、関兼隆
| 諡号 =
| 兄弟 = '''兼隆'''、[[平兼衡|兼衡]]、[[平信衡|信衡]]、[[平兼時|兼時]]
| 妻 =
| 子 = [[山木兼光]]<ref name="yamaki"/>、[[山木兼盛]](『八牧系図』){{要出典|date<ref name=2019年5月}}"yamaki"/>
| 特記事項 =
| 特記事項 = 異説に'''八巻氏'''の祖という(『八牧系図』){{要出典|date=2019年5月}}。
}}
'''山木 兼隆'''(やまき かねたか、生年不詳 - [[治承]]4年[[8月17日 (旧暦)|8月17日]]([[1180年]][[9月8日]]))は、[[平安時代]]末期の武将。'''平兼隆'''(たいら の かねたか)または'''大掾兼隆'''(だいじょう かねたか)ともいう。[[桓武平氏]][[大掾氏]]の庶流[[和泉国|和泉]][[国司|守]]・[[平信兼]]の子<ref>『[[吾妻鏡]]』では、[[伊勢平氏]][[平維衡]]の末裔だと記されている。</ref>。
[[治承]]4年(1180年)8月、頼朝は[[以仁王]]の[[令旨]]を受け挙兵、兼隆の館を急襲する。[[三島大社]]の祭礼のために郎党の多くが留守だったため兼隆は満足に戦うことができず、[[加藤景廉]]によって討たれた([[石橋山の戦い#山木館襲撃|山木館襲撃]])<ref>この頼朝の挙兵は本来は自らに近い[[源頼政|頼政系]]の源氏が伊豆からいなくなってしまったため[[工藤茂光]]が急遽頼朝を代理の旗頭に仕立て上げたとの説もある([[永井晋]]『鎌倉源氏三代記ー一門重臣と源家将軍』([[吉川弘文館]]、[[2010年]]))。</ref>。
 
異説では、兼隆は'''基饒'''という法名をもち、その子孫は[[武蔵国]][[秩父郡]]に逃れて、'''八巻氏'''と称して[[甲斐国]]の[[武田氏]]、[[常陸国]]の[[佐竹氏]]、[[越後国]]の[[上杉氏]]、[[陸奥国]]の[[伊達氏]]に仕えたという(『八牧系図』){{要出典|date<ref name=2019年5月}}"yamaki"/>
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 外部リンク ==
*[http://park2.wakwak.com/~yamaki-kai/newpage4.htm 八巻同族会-八巻姓の歴史]
 
== 関連項目 ==
15,182

回編集