「二胡」の版間の差分

(ガイドブック的記述を除去(WP:NOTADVICE)、構成を整理)
== 日本における「二胡」と「胡弓」 ==
日本においてはこの楽器を[[胡弓]]と呼ぶ場合があるが、中国の二胡と日本の胡弓には直接のつながりがなく、'''胡弓'''は日本の伝統楽器、および伝統的な擦弦楽器群の総称をいう。また、中国には胡弓と呼ばれる楽器はない。
[[江戸時代]]にはすでに[[明清楽]](殊に清楽)の流行と共に二胡の原楽器である'''胡琴'''が演奏されていたが、きちんと「胡琴」と呼ばれ、胡弓とは区別されていた。しかし[[明治]]初期には[[ヴァイオリン]]をも胡弓と呼んだ例があり、「胡弓」が広義の意味で擦弦楽器の総称としても使われる一方、明治から昭和前半にかけ本来の胡弓が衰退して知名度が低下した結果、次第に混同されこのような誤用が起こったと考えられる。
り、「胡弓」が広義の意味で擦弦楽器の総称としても使われる一方、明治から昭和前半にかけ本来の胡弓が衰退して知名度が低下した結果、次第に混同されこのような誤用が起こったと考えられる。
またこの誤用が一般的に普及した背景もあってか、'''中国胡弓'''と紹介する例も存在する。ただし、この場合前出の「胡琴」や「[[京胡]]」などの中国の伝統的な擦弦楽器全般(「胡弓」の用法と同様に)を指す場合もあり、読み手には文脈上の注意が必要になる。
いずれにせよ、混同による問題を避けるためにも、楽器そのものの持つ文化的背景などを尊重するためにも、正確な呼称が用いられることがのぞましいが、楽器そのものの普及とともに、次第に解決されていくと考えられる。