「タブリーズのバザール」の版間の差分

火事のことを加筆
(火事のことを加筆)
 
|id=ISBN 4-634-41390-6
}}</ref>。また、19世紀以降、タブリーズはイランの対[[ロシア]]・ヨーロッパ貿易の中継都市としての発展を遂げ、そのために西欧の新しい政治思想をいち早く吸収することが出来たために、イラン立憲革命の際にも、第一議会に全国的に先駆けて、立憲派のタブリーズ・アンジョマンが結成された場所であった<ref>八尾師(2002)pp.365-366</ref>。
 
2019年5月8日の夜9時頃に火災が発生し、消火に6時間を要した<ref name=":0">{{Cite web|url=https://www.washingtonpost.com/world/middle_east/iran-firefighters-put-out-blaze-at-historic-bazaar-in-tabriz/2019/05/09/4817b76e-7227-11e9-9331-30bc5836f48e_story.html|title=Iran firefighters put out blaze at historic bazaar in Tabriz|accessdate=2019-05-12|publisher=The Washington Post|date=2019-05-09}}</ref>。16名ほどが軽傷を負い、150店舗ほどが損害を受けた<ref name=":0" />。
 
タブリーズのバザールは、[[アーシューラー]]の際には、10日間商取引を停止し、宗教的行事が営まれる場所でもある。中東のほかのバザールと同様に、タブリーズのバザールも例外ではなく、バザールの後背地には[[モスク]]が建設されており、タブリーズの場合には、[[ジャメー・モスク]]([[:en:Jameh Mosque of Tabriz|en]])がそれに該当する。
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
 
*{{Cite book|和書
|author=八尾師誠
* [https://web.archive.org/web/20080818103250/http://www.istta.ir/english/english.htm English Iranian Student's Tourism & Traveling Agency, ISTTA.], ([https://web.archive.org/web/20080825133322/http://www.istta.ir/history.asp?code=&city=&town=iran&cat=garden Persian])
* [http://www.jadidonline.com/story/30102008/frnk/tabriz_bazzar_eng ''The Grand Bazaar of Tabriz'', Jadid Online, 30 October 2008].<br />Hamid-Rezā Hosseini, ''The Largest Bazaar of Iran'', Jadid Online, 4 October 2008, [http://www.jadidonline.com/story/04102008/frnk/tabriz_bazzar] (in Persian).<br />Audio slideshow (with English subtitles): [http://www.jadidonline.com/images/stories/flash_multimedia/Tabriz_bazzar_eng_test/bazzar_high.html] (5 min 54 sec).
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{reflist}}
27,290

回編集