「トヨタ・カムリ」の版間の差分

240D:1A:154:5C00:21B3:8B56:8D18:174A (会話) による ID:72732160 の版を取り消し 出典のない記述を除去。
(240D:1A:154:5C00:21B3:8B56:8D18:174A (会話) による ID:72732160 の版を取り消し 出典のない記述を除去。)
タグ: 取り消し
| 自由項目2(項目名)=OEM供給
| 自由項目2(内容)=[[ダイハツ・アルティス]](5代目)
| 自由項目3(項目名)=海外向けエンジン
| 自由項目3(内容)=2.0 L 6AR-FSE I4 (China)
2.0 L 6AR-FBS I4 (Thailand and Singapore)
2.5 L 2AR-FE I4 (East Europe, Middle East, Australia, Malaysia, the Philippines, Indonesia, Singapore and Brunei)
2.5 L A25A-FKS I4
2.5 L A25A-FKB I4 (Thailand)
3.5 L 2GR-FKS V6
| プラットフォーム=[[トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー|GA-Kプラットフォーム]]
}}
 
パワートレインは、TNGAを導入した完全新設計の次世代エンジン「「ダイナミックフォースエンジン2.5」」と、改良を加えたハイブリッドシステム「THS II」を組み合わせて搭載。エンジンは全く新しい形式名を与えられた「A25A-FXS」型。また、モーターも新開発の「2NM」型が搭載された。世界トップクラスの熱効率41%を達成し、動力性能・燃費は大きく向上。システム最高出力は先代比で4kW(6PS)向上し155kW(211PS)を発生する。また、海外市場向けに搭載されるV型6気筒3.5Lエンジン「2GR-FKS」型は301HPの出力を発生する(北米仕様の数値)。またトランスミッションは電気式無段変速機を継続採用するが、新たに6速シーケンシャルシフトマチックを備えた。
 
エンジンのバリエーションは次の通り。
2.0 L 6AR-FSE I4 (China)、
2.0 L 6AR-FBS I4 (Thailand and Singapore)、
2.5 L 2AR-FE I4 (East Europe, Middle East, Australia, Malaysia, the Philippines, Indonesia, Singapore and Brunei)、
2.5 L A25A-FKS I4、
2.5 L A25A-FKB I4 (Thailand)、
3.5 L 2GR-FKS V6、
2.5 L A25A-FXS I4 (hybrid)
 
ハイブリッド用バッテリーをリアシート背面から床下へ移動したことでトランク容量が先代の440Lから525Lへ拡大され、国内仕様においては7代目以来となる全面トランクスルー機構が復活した。
3,386

回編集