「国家主義」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
 
== 概説 ==
[[大辞泉]]によると、国家主義とは、国家を、「最高の価値あるもの」とかや、「[[人間]][[社会]]の最高の[[組織 (社会科学)|組織]]」などと見なし、「[[個人]]よりも国家に絶対的な優位性があるのだ」などとする[[思想|考え方]]である<ref name="daijisen">大辞泉【国家主義】</ref>。ブリタニカ百科事典によると、国家主義とは「国家に至上の価値がある」などと主張して、国家的な[[社会秩序|秩序]]や、国家による[[命令 (法規)|命令]]、自分の属する国家が[[軍事]]的に強いことなどを他の全ての[[価値]]に優先させようとする[[政治]]的な[[主張]]を指す<ref name="britanica_kokusai_kokka">ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典【国家主義】étatisme</ref>。
国家主義的な立場をとる者、そのような思想を持つ者を「国家主義者」と言う。
 
国家主義は[[保守]]的な[[イデオロギー]]のひとつである<ref name="britanica_kokka" />。特に[[近代化]]に乗りおくれた[[20世紀]]の[[ドイツ]]や[[戦前]]の[[日本]]で隆盛をきわめた<ref name="britanica_kokka" />、とブリタニカには記述されている。
 
自国国家を至上におくという考え方である ため、国家内での価値の共有などは国家を形成するにおいて重要ではあるが、(国家の利益を個人の利益に優先させるので)[[全体主義]]的な傾向があり、偏狭な[[民族主義]]や[[国粋主義]]になりがちである。<ref name="kouj" />。
 
== 政治と国家主義 ==
22

回編集