「エウクレイデス」の版間の差分

議論停止のためテンプレート除去
(改名提案テンプレートの貼付)
(議論停止のためテンプレート除去)
| known_for = [[ユークリッド幾何学]]<br />[[ユークリッド原論]]
}}
{{改名提案|ユークリッド|date=2019年4月}}
[[ファイル:Euclid.jpg|right|thumb|220px|[[ラファエロ・サンティ|ラファエロ]]の壁画「[[アテナイの学堂]]」に画かれたエウクレイデス]]
アレクサンドリアの'''エウクレイデス'''({{翻字併記|grc|Εὐκλείδης|Eukleídēs|n|}}、{{Lang-la|Euclīdēs}}、{{Lang-en|Euclid}}('''ユークリッド''')、[[紀元前3世紀]]? - )は、[[古代ギリシア]]の[[数学者]]、[[天文学者]]とされる。[[数学史]]上最も重要な著作の1つ『原論』([[ユークリッド原論]])の著者であり、「[[幾何学]]の父」と称される。
230,364

回編集