「ミラノ〜サンレモ」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
敗因としては、逃げている間先頭集団はサガンが先頭固定で牽いていたことがあげられる。クフャトコフスキとアラフィリップはそれぞれチームのスプリンターがメイン集団にいるため、仮に先頭交代して逃げ切りに成功したとしてもスプリンターのサガンには敵わないためである。サガンもさすがに無理に牽引しろとは言えない状況であったため、結果ゴールライン間際でクフャトコフスキがサガンを差しきり勝利した。
 
[[2018年]]大会で優勝した[[ヴィンチェンツォ・ニバリ]]は、前年秋に行われた本大会の兄弟レースである[[ジロ・ディ・ロンバルディア]]でも優勝していため、「クライマーズクラシック」「スプリンターズクラシック」の2つを制したことになる。
 
== 歴代優勝者 ==
匿名利用者