「インパール作戦」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
| casualties2=死傷:17,500<ref name="allenJc3">アレン(1995年)下巻、付録3頁。</ref><br />戦病:第33軍団のみで47,000<ref name="allenJb275">アレン(1995年)中巻、275頁。</ref>
|}}
'''インパール作戦'''(インパールさくせん、日本側作戦名:'''ウ号作戦'''(ウごうさくせん))とは、[[1944年]](昭和19年)[[3月]]に<ref>{{Cite web |url=http://www.nhk.or.jp/shogenarchives/special/vol6.html |title=「ビルマの戦い~インパール作戦」 「白骨街道」と名付けられた撤退の道 |website=NHK 戦争証言アーカイブス |publisher=NHK |accessdate=2019-03-22 |archiveurl=http://web.archive.org/web/20161228184847/http://www.nhk.or.jp/shogenarchives/special/vol6.html |archivedate=2016-12-28}}</ref>[[大日本帝国陸軍|日本帝国陸軍]]により開始され[[7月]]初旬まで継続された、[[援蒋ルート]]の遮断を戦略目的として[[イギリス領インド帝国]]北東部の都市である[[インパール]]攻略を目指した作戦のことである。作戦に参加した殆どの[[日本兵]]が死亡したため、現在では'''史上最悪の作戦'''と言われている。
 
当初より軍内部でも慎重な意見があったものの、牟田口廉也中将の強硬な主張により作戦は決行された。補給線[[兵站]]を軽視した{{ルビ|杜撰|ずさん}}な作戦により、多くの犠牲を出して歴史的敗北を喫し、無謀な[[作戦]]の[[代名詞]]として現代でもしばしば引用される。この記事は{{仮リンク|コヒマの戦い|en|Battle of Kohima}}も併せて解説する。
'''インパール作戦'''(インパールさくせん、日本側作戦名:'''ウ号作戦'''(ウごうさくせん))とは、[[1944年]](昭和19年)[[3月]]に<ref>{{Cite web |url=http://www.nhk.or.jp/shogenarchives/special/vol6.html |title=「ビルマの戦い~インパール作戦」 「白骨街道」と名付けられた撤退の道 |website=NHK 戦争証言アーカイブス |publisher=NHK |accessdate=2019-03-22 |archiveurl=http://web.archive.org/web/20161228184847/http://www.nhk.or.jp/shogenarchives/special/vol6.html |archivedate=2016-12-28}}</ref>[[大日本帝国陸軍|日本陸軍]]により開始され[[7月]]初旬まで継続された、[[援蒋ルート]]の遮断を戦略目的として[[インド]]北東部の都市[[インパール]]攻略を目指した作戦のことである。作戦に参加した殆どの[[日本兵]]が死亡したため、現在では'''史上最悪の作戦'''と言われている。
 
当初より軍内部でも慎重な意見があったものの、牟田口廉也中将の強硬な主張により作戦は決行された。補給線を軽視した杜撰(ずさん)な作戦により、多くの犠牲を出して歴史的敗北を喫し、無謀な[[作戦]]の[[代名詞]]として現代でもしばしば引用される。この記事は{{仮リンク|コヒマの戦い|en|Battle of Kohima}}も併せて解説する。
 
== 日本軍作戦立案の経緯 ==