「静かなドン」の版間の差分

この記事全体に出典が無いのですから、「出典の明記」は冒頭に置くのが普通です
m (誤字修正、本字は「亙って」)
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 iOSアプリ編集
(この記事全体に出典が無いのですから、「出典の明記」は冒頭に置くのが普通です)
{{出典の明記|date=2018201965|section=1}}
『'''静かなドン'''』(しずかなドン、{{lang-ru|Тихий Дон}})は、[[ロシア]]の小説家、[[ミハイル・ショーロホフ]]の大河[[小説]]。1926年から1940年の15年間にわたって発表された。[[第一次世界大戦]]・[[ロシア革命]]に翻弄された[[黒海]]沿岸の[[ドン]]地方に生きる[[コサック]]達の、力強くも物悲しい生きざまを描いている。1965年のショーロホフの[[ノーベル文学賞]]受賞ではこの作品の評価が大きく影響している。
 
 
== 特徴 ==
{{出典の明記|date=2018年6月|section=1}}
本作の特徴はリアルに描写されたコサックたちの性格や生活の様子、および個性豊かな登場人物たち、女性たち、また政治的な中立にある。
 
== 構成 ==
ここではショーロホフによって発表された各巻について簡単に説明する。
 
*第1巻 - 1926年発表。第一次世界大戦直前の平和な時代が描かれている。
* 21巻 - 19291926年発表。第一次世界大戦直前中でのコサックたちのさまざま体験や思想平和な時代が描かれている。
* 32巻 - 19331929年発表。国内戦の時代中でのコサックを二分するドン地方の大きな災厄たち時代さまざま体験や思想が描かれている。
* 43巻 - 19401933年発表。国内戦の末期と時代のコサックたちを二分するドン地方の大きな災厄変化時代が描かれている。
* 14巻 - 19261940年発表。第一次世界大国内直前平和な時代末期とコサックたちの変化が描かれている。
 
現在日本で入手できる『静かなドン』の巻編成は必ずしもここで記述するような4分冊にはなっていない。
 
* [[静かなドン (列車)]]
 
{{lit-stub}}
{{DEFAULTSORT:しすかなとん}}
[[Category:ロシアの小説]]
匿名利用者